JAMSTEC > 地球環境部門 > 海洋観測研究センター > 海洋大気気候変動研究グループ

海洋観測研究センター

海洋大気気候変動研究グループ

研究船、漂流フロート、係留系などを組み合わせた観測網構築のうち、定点で長期間の時系列観測を実施できる観測システムの運用・発展を主に担います。その特徴を活かした(1)表層海洋物理過程を含む海洋と大気の関連性、および気候変動に係る研究を進め、その中で(2)海洋及び洋上大気の観測システムに係る研究開発を推進します。

主な観測実験:

熱帯インド-太平洋域を中心とした大気と海洋の関係性と両海盆を繋ぐ循環に関する観測実験

ここでの海洋と大気の変動がENSO、IODのどちらにもインパクトを持っていることが知られており、また、海盆規模の子午面循環の実態を紐解くにも重要な海域である。この観測実験では持続的な観測を模索しながら、ここでの海洋環境把握に挑戦し、インドー太平洋域での気候変動研究を推進する。