トップページ > JAMSTECについて > 男女共同参画に関する取り組み

男女共同参画に関する取り組み

国立研究開発法人海洋研究開発機構では、次世代育成支援対策推進法(平成15年法律第120号)(平成37年3月31日までの時限立法)に基づき、第3期一般事業主行動計画を策定し、仕事と子育ての両立を可能にし、働きやすい環境をつくることにより、全ての機構職員がその能力を十分に発揮できる環境を整えるため、様々な取り組みを行っています。

1)子育て支援
職員への子育て支援として、以下の取り組みを行っています。
  1. 産前産後休暇・育児関連制度ハンドブックの配布
    機構の出産・育児に関する諸制度の概要、利用方法、手続きや公的な出産・育児に関する制度についてとりまとめたハンドブックを配布し、妊娠から出産、職場復帰、そして復帰後も含め、職員が充実した仕事と子育ての両立を図れるよう支援しています。
  2. ベビーシッター補助制度の導入
    JAMSTEC共済会(機構職員が加入する相互扶助組織)の福利厚生事業の一環として、ベビーシッターを利用する際の補助を行っています。
  3. 子育て情報交換会「育児カフェ」の開催
    職員同士が仕事と子育ての両立で生じる様々な課題について話し合う「育児カフェ」を開催しています。体験談の共有や情報交換に加え、機構の諸制度に関する意見を提示し合う機会となっており、より職員の声を反映させられる制度の構築や改正に活かされています。
  4. 職員向け育児情報サイトの提供
    機構の出産・育児に関する諸制度に加え、勤務地周辺の保育施設や病後児保育、ファミリーサポート制度、育児関連の各種情報等を集約した職員向けローカルサイトを提供しています。

2)労務環境
仕事と育児の両立を叶える各種制度を整備しています。
  • 育児/介護休業制度
  • 部分休業制度
  • 育児時間
  • 時差出勤制度
  • 産後1年未満の時間外/休日勤務及び深夜業の免除
  • 育児のための時間外労働の免除、育児/介護のための時間外労働の制限及び深夜業の制限
  • 子の看護休暇
  • 介護休暇
  • 積立有休
  • 出産後の検診のための勤務免除
  • 出産後の症状に対応する母性健康管理措置

3)次世代育成
未来の女性科学者の育成のため、女子中高生向けの理系進路選択を推進するイベントを開催しています。その他、下記の受け入れを行っています。
  • サイエンスキャンプ、スーパー・サイエンス・ハイスクール(SSH)
  • サイエンス・パートナーシップ・プログラム(SPP)
  • インターンシップ
  • 研究生

4)その他
評価においては休業期間に配慮しています。