JAMSTEC|海洋研究開発機構|ジャムステック

トップページ > プレスリリース > 詳細

プレスリリース

2019年 7月 16日
独立行政法人国立科学博物館
学校法人金井学園 福井工業大学
国立研究開発法人海洋研究開発機構
学校法人立命館 立命館大学

太古の世界で私達の共通祖先が繁栄を勝ち得た仕組みが明らかに!
~「クロロフィルを安全に食べられる」よう進化した生物~

独立行政法人国立科学博物館(館長:林良博)、学校法人金井学園福井工業大学(学長:掛下知行)などが中心となる国際研究チームにより、動物や植物などの共通祖先(真核生物の共通祖先)は、地球の生態系を支える光合成で使われるクロロフィルを安全に食べられるように進化した生物だったことが明らかになりました。

本研究の成果は、7月16日付でスプリンガー・ネイチャーから刊行される微生物生態学分野の広報誌「The ISME Journal」に公開されました。

詳細は国立科学博物館のサイトをご覧下さい。

国立研究開発法人海洋研究開発機構
海洋科学技術戦略部 広報課
お問い合わせフォーム