JAMSTEC|海洋研究開発機構|ジャムステック

トップページ > プレスリリース > 詳細

プレスリリース

2021年2月18日
国立大学法人東京大学 大気海洋研究所
国立研究開発法人海洋研究開発機構
国立大学法人豊橋技術科学大学

ホルマリン中で長期保存したプランクトンの群集組成の復元に成功

東京大学と海洋研究開発機構、豊橋技術科学大学、水産研究・教育機構の共同研究チームは、ホルマリン固定試料からDNAを抽出する手法を最適化し、抽出したDNAからプランクトン群集を網羅的に復元できることを明らかにしました。

プランクトン群集は海洋や湖沼生態系の中で最も低次に位置する群集であり、近年の環境変動の影響を最も強く受けていると考えられます。しかし、プランクトン群集を網羅的に調べることを目的とした(つまりDNA採取を目的とした)モニタリングは、近年になってようやくいくつかの定点観測点で始まったばかりです。世界各地で採取、保管されてきたホルマリン試料に本手法を用いれば、環境変動に対するプランクトン群集の応答の理解が一気に進むと期待されます。これは本手法の応用例の一例ですが、他にも絶滅種のゲノム復元や進化研究など歴史的試料を用いた様々な研究展開が期待されます。

詳細は東京大学のサイトをご覧下さい。

国立研究開発法人海洋研究開発機構
海洋科学技術戦略部 広報課
お問い合わせフォーム