国立研究開発法人海洋研究開発機構(理事長 平 朝彦、以下「JAMSTEC」という)では、前年度の研究開発活動における顕著な成果や今後の展望等について一般の方々に幅広くご紹介することを目的として、研究報告会を毎年度開催しています。今回は中期計画の節目となるため、第3期中期計画の総括とともに、第4期中長期計画の概要をご紹介いたします。
第1部では、スーパーコンピュータによる異常気象の予測、PM2.5と海洋生態系のリンク、海底熱水鉱床の探索手法開発、海底下の原始的生命のメタン代謝研究等、平成30年度の研究活動等についてご報告いたします。
第2部では、「海洋科学技術における中核的機関の形成に向けて」と題し、民間企業、地方公共団体よりパネリストをお招きし、各機関が抱えるニーズやお悩みをご紹介いただき、JAMSTECがお役に立てることや協働できることについて議論いたします。その後の総合討論では、JAMSTECが真に海洋科学技術における中核的機関となるために果たすべき役割と今後のアクションアイテムについて議論いたします。
これらの他、隣接会場において、JAMSTECの研究開発活動および平成30年度の成果等に関するポスターセッションも実施しますので、奮ってご参加ください。

概要


リーフレット(PDF)
日時
2019年4月24日(水)13:30~17:30(開場 13:00)
プログラム
下記プログラム参照
場所
虎ノ門ヒルズフォーラム 5階 メインホール
〒105-6305
東京都港区虎ノ門1-23-3 虎ノ門ヒルズ森タワー5階
[交通アクセス]
参加費
無料
お申し込み
事前登録制です。
こちらからご登録下さい。
主催
JAMSTEC
お問い合わせ
JAMSTEC 海洋科学技術戦略部 対外戦略課
TEL:046-867-9250
E-mail

プログラム

本研究報告会のプログラムは予告なく変更になる場合がございます。
予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

13:30~13:40 理事長挨拶
13:40~13:45 来賓ご挨拶
【第1部】平成30年度の研究成果報告
13:50~14:10 平成30年度の研究活動報告
阪口 秀 研究担当理事
14:10~14:25 季節の異常を予測するコンピュータ ~新展開と社会応用~
土井 威志 研究員
14:25~14:40 PM2.5と海洋生態系の意外なリンク ~大気物質が植物プランクトン量を増大させる?~
竹谷 文一 主任研究員
14:40~14:55 電気の目で探る海底熱水鉱床 ~AUV2機を用いた新しい地下探査の姿~
笠谷 貴史 主任技術研究員
14:55~15:10 暗黒の海底下に生きる始原的生命のメタン代謝の発見 ~40年来の「ブラックボックス」をどうやって開けたのか?
高野 淑識 主任研究員
15:10~15:30 第3期中期計画の総括と第4期中長期計画の展望
平 朝彦 理事長
15:30~16:10 休憩・ポスターセッション
【第2部】パネルディスカッション
16:10~17:20 海洋科学技術における中核的機関の形成に向けて
 
パネリスト:
穴澤 秀治(一般財団法人バイオインダストリー協会 先端技術・開発部長)
太田垣 由夫(ジャパン マリンユナイテッド株式会社 顧問)
山本 高匡(静岡市 海洋文化都市推進本部 総括監)
豊福 高志(JAMSTEC 海洋科学技術戦略部 部長)
モデレータ:
為近 恵美(国立大学法人横浜国立大学 成長戦略研究センター 教授)
17:25~17:30 閉会挨拶
東 垣 開発担当理事