トップページ > 広報活動 > JAMSTECイベントマップ

JAMSTECイベントマップ

JAMSTECが関係しているイベントが各地で開催されています。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。
また、開催日によるイベント一覧は「イベント情報」をご覧ください。

※各イベントの開催日時、休館日、入館料等につきましては、変更になる場合がありますので、リンク先のホームページにてご確認ください。

   JAMSTEC拠点のイベント、展示     企画展、その他イベント     常設展    

イベント詳細 企画展、その他イベント 常設展

<企画展、その他イベント>
イベント名 開館10周年特別展 海の沖縄 開かれた海への挑戦
主催 沖縄県立博物館・美術館
協力 JAMSTEC/GODAC(国際海洋環境情報センター)ほか
開催期間 2017年11月1日(水)~2018年1月14日(日)
開催場所 沖縄県立博物館・美術館 博物館企画展示室・特別展示室1・2(那覇市おもろまち3丁目1番1号)
定員等 体験できる人数に限りがあるものや予約が必要なものもありますので、下記の詳細URLをご確認ください。
詳細 沖縄県立博物館・美術館
概要 「開館10周年特別展 海の沖縄 開かれた海への挑戦」が沖縄県立博物館・美術館にて開催されます。
開館10周年を迎えるにあたり、私達の自然、歴史、文化にかかわりの深い「海」をテーマにとりあげた展覧会が開催され、講演会やワークショップなども行われます。その中でJAMSTECからは海底資源研究開発センターの木川栄一センター長による講演とGODACからは、小型ROV操縦体験を行います。

▲マップへ戻る

沖縄美ら海水族館×GODAC「深海展」
イベント名 沖縄美ら海水族館×GODAC「深海展」
主催 沖縄美ら海水族館
協力 JAMSTEC/GODAC(国際海洋環境情報センター)
開催期間 2017年11月1日(水)~2018年1月8日(月)
開催場所 沖縄美ら海水族館4Fイベントホールほか
(沖縄県国頭郡本部町字石川424番地)
定員等 体験できる人数に限りがあるものや予約が必要なものもありますので、下記の詳細URLをご確認ください。
詳細 沖縄美ら海水族館
概要 「沖縄美ら海水族館×GODAC『深海展』」が沖縄美ら海水族館にて開催されます。
開館15周年を迎えた沖縄美ら海水族館とタイアップし、同館がこれまで地元沖縄で実施してきた深海に関する調査・研究の成果をお知らせする企画展「深海展」の展示に協力しています。また、関連催事として「水中カメラロボット操縦体験」や「深海のお話と水圧実験」なども実施します。

▲マップへ戻る

イベント名 【講演】「深海とJAMSTEC」(予定)
開催日時 2017年10月26日(木)13時30分~14時30分
開催場所 文部科学省「情報ひろばラウンジ」(旧文部省庁舎1階)
参加費 無料
詳細 文部科学省ホームページ
概要 JAMSTEC(国立研究開発法人海洋研究開発機構)は、所有する多くの研究船や潜水調査船、無人探査機等を使って広い海を調べ、その結果をもとに海と地球の謎を解明するための研究を進めています。
本講演では、「深海とJAMSTEC」(予定)と題し、深海の極限環境を再現する実験などを交えながら、JAMSTECの研究内容をご紹介し、また、国立科学博物館にて開催した「特別展深海2017-DEEP OCEAN-」(期間:7月11日~10月1日)の舞台裏などについても、担当者よりお話しいたします。

【講演者】金井 隆憲(JAMSTEC 広報部 広報課)

本講演会への参加を希望される方は下記の連絡先までお問い合わせをお願いします。
お問合せ先:JAMSTEC(国立研究開発法人海洋研究開発機構)広報部 広報課
TEL:046-867-9050
e-mail:pr-jimu@jamstec.go.jp

▲マップへ戻る

イベント名 沖縄市サイエンスフェスタ2017
主催 沖縄市教育委員会、公益財団法人沖縄こどもの国
協力 JAMSTEC/GODAC(国際海洋環境情報センター)ほか
開催日時 2017年10月22日(日)10:00~16:00
開催場所 沖縄市体育館アリーナ(沖縄県沖縄市諸見里2丁目1-1)
定員等 体験できる人数に限りがあるものや予約が必要なものもありますので、下記の詳細URLをご確認ください。
詳細 沖縄市サイエンスフェスタ2017
概要 「沖縄市サイエンスフェスタ2017」が沖縄県沖縄市にて開催されます。
科学に関する様々な体験・工作ブースが出展され、企画展や実験ショーなども行われます。その中でJAMSTEC/GODACは、”深海魚の不思議な体の仕組みを学ぼう!”と題し、過酷な深海でなぜ魚は生きられるのか、深海魚の特徴について映像や画像を通して紹介します。また、身近な浅海の魚で作った煮干しの解剖を行い、その体のしくみを紹介していきます。

▲マップへ戻る

特別展「深海2017」-DEEP OCEAN-
イベント名 特別展「深海2017」-DEEP OCEAN-
~最深研究でせまる“生命”と“地球”~
開催期間 2017年7月11日(火)~2017年10月1日(日)
開催場所 国立科学博物館(東京・上野公園)
主催 国立科学博物館、JAMSTEC、 NHK、NHKプロモーション、読売新聞社
ホームページ 深海2017 -DEEP OCEAN-
内容 2017年夏、特別展「深海2017」を開催します。本展示会では「発光生物」や「巨大生物」などに焦点をあて、最新映像や実物とともに紹介するほか、最新研究からわかってきた「深海と巨大災害」、「深海と資源」などを映像やCGを駆使して紹介します。

▲マップへ戻る

ザ・モンスター ~海と陸のへんてこ生物たち~
イベント名 ザ・モンスター ~海と陸のへんてこ生物たち~
主催 徳島県立博物館
協力 JAMSTEC
開催期間 2017年7月22日(土)~9月10日(日)
開催場所 徳島県立博物館
入場料等 一般200円 高校・大学生100円、小・中学生50円
ホームページ 徳島県立博物館
内容 現在,地球上には約160万種の生物がいると言われている。それらはみな違った姿形をしているが、中には奇妙な形をしたもの,鮮やかな色をなすもの,ふしぎな暮らしをするものなど、われわれ人間の想像をはるかに超えたへんてこ生物―ザ・モンスター―も存在する。なぜそんな形をしているのか・・・。 この企画展では,地球が生み出したモンスターたちの決して空想ではない、実在する驚きの世界を紹介する。

▲マップへ戻る

ゴーダックラボ 夏休みはGODACで海の自由研究をしよう!
イベント名 ゴーダックラボ 夏休みはGODACで海の自由研究をしよう!
主催 JAMSTEC/GODAC(国際海洋環境情報センター)
開催期間 2017年8月1日(火)〜9月3日(日)10:00-17:00
【休止】12:00-13:00
開催場所 GODACゴーダックラボコーナー(沖縄県名護市字豊原224-3)
対象 小学生以上
参加費 無料
申込方法 事前予約不要 ※事前申し込みは必要ありません。直接会場までお越し下さい
ホームページ http://www.godac.jp/event/2017/20170801.html
内容 今年もGODACが海をテーマにした自由研究をサポートします!虫メガネやルーペ、研究者も利用する本格的な光学顕微鏡を準備し、プランクトン等の小さな生き物や砂の中に含まれているものなどを観察しょう。また、生物図鑑から専門書まで海に関する様々な本があり、調べもの専用のインターネット端末も整備し調べ学習ができます。さらに、GODACスタッフは海のスペシャリスト!自由研究の進め方から海の生物の採取方法や観察方法までいろいろ教えます。どんどん質問してみてください。夏休みの自由研究で迷っている方、困ったらまずはGODACへ。きっと素敵な自由研究のヒントが見つかりますよ。

夏休み期間中、煮干の解剖方法と観察方法をレクチャーします。
「煮干の解剖」
魚の解剖は臭くて、汚れて大変?そんなことはありません。
血がでない!臭くない!煮干を使って手軽に魚の体の仕組みを学ぼう。
日時:毎週火曜日 
時間:①10:00~11:00②14:00~15:00
※ 各回先着12名様となります
※ 参加受付は各回開始15分前からとなります

その他にも 自由研究にお勧めの海岸の紹介やビーチコーミングやカニの巣穴観察など の人気の自由研究も紹介しています。迷ったらまずはGODACへ。

▲マップへ戻る

水族館でも出会えない!海のビックリ生物展
イベント名 水族館でも出会えない!海のビックリ生物展
主催 一般財団法人沖縄美ら島財団
協力 JAMSTEC(海洋研究開発機構)/GODAC、名護博物館
開催期間 2017年7月18日(火)~8月27日(日)
開催場所 沖縄県立博物館・美術館(沖縄県那覇市おもろまち3丁目1番1号)
入場料等 一般800(640)円、高校・大学生500(400)円、小学生・中学生400(320)円
※(  )は前売り及び20名以上の団体料金
※障がい者手帳をお持ちの方と介助者1名は半額
※本展覧会の半券で博物館常設展もご覧になれます。
※はくびメンバーズ(年間パスポート)提示者は入場可。 同伴者2名まで前売り料金適用。
※美術館で同時期に開催する「チームラボ展」の入場券提示で前売り料金適用。
ホームページ 沖縄県立博物館・美術館
内容 「水族館でも出会えない!海のビックリ生物展」と題した企画展が開催されます。本企画展では、様々な理由から水族館での生体展示が困難な水生生物に着目し、標本や映像資料を通して、その奇妙な姿や驚きの生態を紹介します。
JAMSTECでは、深海調査紹介ブースとしてパネル・潜水船等の模型展示。ミツクリザメ、ソコボウズ等の深海生物映像資料や沖縄の深海生物にフォーカスした映像について展示協力します。また、関連催事として8月12日に出前授業(水圧実験と工作)も実施します。

▲マップへ戻る

浜松科学館夏の特別展 深海アドベンチャー
イベント名 浜松科学館夏の特別展 深海アドベンチャー
主催 浜松市、(公財)浜松市文化振興財団、中日新聞東海本社、テレビ静岡
協力 JAMSTEC、名古屋市科学館、名古屋港水族館、他
開催期間 2017年7月15日(土)~8月27日(日)
開催場所 浜松科学館
入場料等 当 日 券 一般1,000円 中学生以下500円
前売り券 一般1,000円 中学生以下500円
※3歳以下無料 障害者及び70歳以上は当日料金の半額
ホームページ 浜松科学館夏の特別展 深海アドベンチャー
内容 浜松科学館で夏休みの特別展として「深海アドベンチャー」展が開催されます。深海とそこに棲む生物たち、深海探査などについて分かりやすい展示で解説が行われるほか、体験やワークショップのコーナーもあり、暗くて冷たい未知の世界「深海」について、楽しみながら学ぶことができます。
8月4日(金)13:00からJAMSTEC「しんかい2000」初代航法管制長、柴田 桂による講演会も行います。

▲マップへ戻る

GODACうみの工作教室
イベント名 GODACうみの工作教室
主催 JAMSTEC/GODAC(国際海洋環境情報センター)
開催期間 2017年7月15日(土)~2017年8月19日(土)
開催場所 GODAC(沖縄県名護市字豊原224-3)
対象 幼児~一般
参加費 無料
申込方法 予約受付はしておりません。当日、会場に直接お越しください。
ホームページ GODACうみの工作教室
内容 深海の世界をイメージした会場で、深海生物をテーマにした作品をみんなで作ろう!
今回は大人気の「深海生物ストラップ」がバージョンアップして、新たなコンテンツ「ギュッとちぢまる深海生物イヤホンジャック」として登場!携帯電話に簡単に取り付けられるストラップを作って、お気に入りの深海生物をいつでも、どこでも持ち歩こう!

・砂でおえかきサンドアート
・にぎにぎぷかぷか浮沈子
・ぺたぺたはろう深海生物うちわ
・はさんでつくろう深海生物しおり
・はさみでチョキチョキペーパークラフト
・ギュッとちぢまる深海生物イヤホンジャック

▲マップへ戻る

B&G東京湾海洋体験アカデミー2017
イベント名 B&G東京湾海洋体験アカデミー2017
主催 公益財団法人 ブルーシー・アンド・グリーンランド財団
後援 国土交通省、東京都、横浜市、海洋都市横浜うみ協議会
協力 東京大学 海洋アライアンス海洋教育促進研究センター、横浜国立大学 統合的海洋教育・研究センター、第三管区海上保安本部、海上自衛隊 横須賀地方総監部、国立研究開発法人海洋研究開発機構、国立研究開発法人水産研究・教育機構、住友重機械工業株式会社、住友重機械マリンエンジニアリング株式会社、日本郵船株式会社、公益財団法人帆船日本丸記念財団、三浦半島食彩ネットワーク
開催期間 A行程 2017年7月31日(月)~8月4日(金) 4泊5日
B行程 2017年8月6日(日)~10日(木)  4泊5日
募集期間 2017年5月8日(月)~6月30日(金)
対象 小学校5年生~中学校3年生男女 各行程40名
開催場所 東京都および神奈川県
参加費 39,000円
詳細 ブルーシー・アンド・グリーンランド財団の募集ホームページ
内容 全国の小中学生を対象に、4泊5日で実施する「B&G東京湾海洋体験アカデミー」では、首都圏の海を舞台に活躍するプロフェッショナルの仕事現場に潜入。船の設計士体験ができたり、葉山の海でマリンスポーツをしたり、第三管区海上保安本部の施設に入れるなど、学校授業や社会科見学など普段の生活では経験できないことが盛りだくさん!。海を楽しみ、海を学び、自分の未来や夢について考える絶好のチャンスです!。みなさんのご参加をお待ちしています!!。
A行程の3日目(8/2)では、JAMSTEC横須賀本部での研修が行われます。

▲マップへ戻る

おっぱま・こどもサイエンス【海】JAMSTEC横須賀本部・施設見学会
イベント名 おっぱま・こどもサイエンス【海】JAMSTEC横須賀本部・施設見学会
主催 追浜コミュニティセンター
協力 JAMSTEC
開催日時 2017年8月3日(木)13:00~16:00
※12:30までに追浜コミセン南館ロビーに集合
申込〆切 2017年7月10日(月)必着
対象 小学4~6年生 25名(応募多数の場合は抽選)
※保護者等の同伴はできません。
開催場所 JAMSTEC横須賀本部
参加費 50円(保険料) ※集合場所までの交通費は自己負担
詳細 横須賀市ホームページ
内容 JAMSTEC横須賀本部の施設見学、科学実験教室

▲マップへ戻る

J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2017
イベント名 J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2017
主催 J-WAVE / 筑波大学
後援 文部科学省 / 茨城県 / つくば市
協力 JAXA / JAMSTEC / つくばセンター地区活性化協議会
開催日時 2017年6月3日(土)
開場 10:00 / 開演 11:00 / 終了 20:00頃予定
開催場所 つくばカピオ
(茨城県つくば市竹園1-10-1)
入場料等 Regular Ticket:7,000円、V.I.P Ticket:13,000円、Light Ticket:1,000円
ホームページ J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2017
内容 テクノロジーと音楽の祭典
昨年、筑波大学を舞台に、日本を代表する各界のイノベーターやアーティスト、ベンチャー企業が集結し、大きな話題を集めた「INNOVATION WORLD FESTA(イノフェス)」。そのテクノロジーと音楽の祭典が、さらにパワーアップして帰ってきます。6月3日イノフェスで未来を体験ください!
JAMSTECからは、トークセッション「宇宙と深海のテクノロジー ~極限状態の生命科学~」に高井 研 分野長(深海・地殻内生物圏研究分野)が登壇します。また、有人潜水調査船「しんかい6500」が360度カメラで撮影した深海映像をVRグラスで体験する「深海VR」(初公開!)、深海調査の様子を映像でたどる「深海バーチャルツアー」など、JAMSTECの研究を紹介いたします。

▲マップへ戻る

<常設展>
八戸市水産科学館マリエント
展示施設 八戸市水産科学館マリエント
開館時間 9:00~17:00(6月~8月は18:00まで開館)
休館日 年中無休
※工事その他で休館する場合があります
住所 青森県八戸市大字鮫町字下松苗場14-33
入館料 一般:300円、シニア:150円、高校生:200円、小・中学生:100円
ホームページ 八戸市水産科学館マリエント
内容 地球深部探査船「ちきゅう」の情報が充実。100分の1スケール模型や、「ちきゅう」が2006年の試験掘削で下北半島東方沖の海底下から採取した地層試料、船の構造を紹介するビデオなどが展示されています。「ちきゅう」が解き明かそうとしている地球の歴史、内部構造、地震が起こる仕組みなども、模型やイラストで詳しく紹介。
同館の“はちのへ「ちきゅう」情報館”は、2012年12月1日に開館5周年を迎え、「ちきゅう」の最新情報や、iPadによる「ちきゅう」アプリ等新たな展示が加わりました。

▲マップへ戻る

日本科学未来館
展示施設 日本科学未来館
開館時間 10:00~17:00(入館は閉館30分前まで)
休館日 毎週火曜日、12月28日~1月1日
※2012年1月3日、3月20日、3月27日、4月3日、7月24日、7月31日、8月中、2013年3月26日は火曜日開館。
※施設保守のため臨時で休館日を設ける場合があります。
住所 東京都江東区青海2-3-6
入館料 大人:600円、18歳以下:200円
ホームページ 日本科学未来館
内容 常設展示だけでも「海がつくる地球環境」「深海から見た地球」「深海掘削からわかる地球のしくみ」があり、海と地球に関する情報がたくさんのパネルと映像で紹介されています。「しんかい6500」の原寸大模型は、コックピットに乗り込むこともできます。

▲マップへ戻る

三菱みなとみらい技術館
展示施設 三菱みなとみらい技術館
開館時間 10:00~17:00(入館は16時30分まで)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始及び特定休館日
住所 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-3-1 三菱重工横浜ビル
入館料 ・大人:500円、中・高校生:300円、小学生:200円
・団体(10名以上)は各100円引き
・65才以上の方、障害者の方とお付添いの方は無料(証明書・手帳をご提示ください)
・小・中・高・大学生の校外学習は3日前までにご予約いただくと無料
ホームページ 三菱みなとみらい技術館
内容 「航空宇宙」「海洋」「交通・輸送」「くらしの発見」「環境・エネルギー」「技術探検」の6つのゾーンに分かれており、迫力ある実機や大型模型などで最先端の技術を紹介しています。
「海洋ゾーン」では、有人潜水調査船「しんかい6500」をはじめ、地球深部探査船「ちきゅう」、深海巡航探査機「うらしま」などの最新の技術や調査・研究を紹介しています。

▲マップへ戻る

横浜・八景島シーパラダイス
展示施設 横浜・八景島シーパラダイス
住所 横浜市金沢区八景島
ホームページ 横浜・八景島シーパラダイス
内容 アクアシアターにて「THE 深海~発見!驚異の深海生物~」の上映を2014年7月5日から開始しました。
本作品は、JAMSTECが所有する有人潜水調査船「しんかい6500」や深海生物追跡ロボット「PICASSO」等で撮影した、深海の映像をふんだんに使用して制作されたオリジナル映像作品です。JAMSTECの深海生物の研究者や「しんかい6500」のパイロットが出演・監修を行い、楽しみながら学べるコンテンツとなっております。
>>詳しい内容はこちらをご覧ください。

※開館時間、休館日、入館料は横浜・八景島シーパラダイスにご確認ください。

▲マップへ戻る

新江ノ島水族館
展示施設 新江ノ島水族館
開館時間 3月~11月(※GW、夏期以外)9:00~17:00
12月~2月(※年末年始以外)10:00~17:00
休館日 年中無休
※安全点検、気象状況等によりやむを得ず臨時休館する場合がございます。
住所 神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1
入館料 大人: 2,100円、高校生:1,500円、中学生・小学生:1,000円、幼児(3歳以上):600円
ホームページ 新江ノ島水族館
内容 熱水噴出孔や冷湧水域周辺の化学合成生態系を再現した世界初の水槽です。硫化水素を含む60℃の熱水が噴出し、「しんかい6500」が採取したゴエモンコシオリエビなどが飼育されています。水槽は、新江ノ島水族館とJAMSTECが共同で開発。
また、2012年7月より、有人潜水調査船「しんかい2000」(実機)の展示が開始されました。日本の深海研究の礎を築いた「しんかい2000」を是非間近でご覧下さい!

▲マップへ戻る

名古屋市科学館
展示施設 名古屋市科学館
開館時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日(祝日の場合は開館し、直後の平日を休館します。)
第3金曜日(祝日の場合は開館し、第4金曜日を休館します。)
年末年始(12月29日から1月3日)
その他臨時開館、休館日があります。
住所 愛知県名古屋市中区栄2-17-1 白川公園内
入館料 大人:800円(400円)、大学・高校生(要・学生証 ):500円(200円)、小人(中学生以下):無料、名古屋市在住の65歳以上の方(要・敬老手帳等):200円(100円)
※展示室とプラネタリウムの料金です。()内は展示室のみ。
ホームページ 名古屋市科学館
内容 2011年3月19日にリニューアルオープンした名古屋市科学館。
世界最大のプラネタリウムや迫力ある大型展示の数々が話題を呼び、開館から5カ月で早くも来館者数が80万人を突破。東海地方の注目スポットとして絶大な人気を集めています。
JAMSTECは理工館6Fの展示企画に全面協力しました。

▲マップへ戻る

大阪科学技術館
展示施設 大阪科学技術館
開館時間 10:00~17:00(日曜・祝日16:30まで)
休館日 夏期休館、冬期休館
(ビルメンテナンスのため、上記以外に臨時休館があります。詳しくは、大阪科学技術館ホームページよりご確認下さい。)
住所 大阪府大阪市西区靱本町1-8-4
入館料 無料
ホームページ 大阪科学技術館
内容 展示のテーマは「海から地球を探る」。海から地球の過去・現在・未来を探り、地球はどうして人が住める星になったのか、未来はどうなるのかを解き明かしていきます。深海のジオラマ模型では、探査機の操縦を体験できます。
「しんかい6500」に焦点を当て、その科学技術について紹介しています。

▲マップへ戻る

琴平海洋博物館(海の科学館)
展示施設 琴平海洋博物館(海の科学館)
開館時間 9:00~17:00
休館日 年中無休
住所 香川県仲多度郡琴平町953
入館料 大人:450円、中人(中学・高校生):350円、小人(5歳以上・小学生):250円
【団体割引 20名以上】
大人:360円、中人(中学・高校生):280円、小人(5歳以上・小学生):200円
ホームページ 琴平海洋博物館(海の科学館)
内容 「海の神様」で有名な讃岐のこんぴらさんの表参道脇に位置する、海と船を楽しみながら学べる科学館です。
「しんかい2000」の模型やJAMSTECの映像資料もご覧いただけます。

▲マップへ戻る

スミソニアン自然史博物館
展示施設 スミソニアン自然史博物館
開館時間 Regular hours are 10:00 AM to 5:30 PM.
休館日 The museum is open every day of the year except December 25.
住所 10th Street and Constitution Ave., NW in Washington, D.C. 20560
入館料 無料
ホームページ スミソニアン自然史博物館
内容 「サント・オーシャンホール」の常設展示コーナー「Journey Through Time(時間の旅)」に、迫力ある地球深部探査船「ちきゅう」の模型が科学掘削技術や船上研究の解説映像と一緒に常設展示され、数々の科学成果や新たな人類の知見を獲得してきた海洋科学掘削の研究が紹介されています。

▲マップへ戻る

フランス デラメール博物館
展示施設 フランス デラメール博物館 'La Cité de la Mer'
"Grande Galerie des Hommes et des Engins"
(Great Gallery of deep-sea explorers and submarines)
開館時間 コアタイム 10:00~18:00 (日によって前後30の延長あり)
入館受付時刻は閉館の90分前まで
休館日 11月と12月の月曜日
住所 Gare Maritime Transatlantique. 50100 Cherbourg-Octeville, France
Tél. : (33) 02 33 20 26 26 Fax : (33) 02 33 20 26 27
入館料 ローシーズン 1月~3月、10月~3月
 大人15.50ユーロ、5~17歳10.50ユーロ、5歳未満無料
ハイシーズン 4月~9月
 大人18.50ユーロ、5~17歳13.00ユーロ、5歳未満無料
ホームページ フランス デラメール博物館
内容 世界の潜水船の模型やパネルを集めた "Grande Galerie des Hommes et des Engins" (Great Gallery of deep-sea explorers and submarines)にて、JAMSTECの有人潜水調査船「しんかい6500」の巨大ポスターと解説を展示しています。
また、外庭のギャラリーでは、世界最大の潜水艇Redoutableの実物が展示され、内部見学会を開催しています。

▲マップへ戻る