本科博NEWS展示では、地球深部探査船「ちきゅう」の概要紹介を始め、2007年から行ってきた「南海トラフ地震発生帯掘削計画」の成果や国際深海科学掘削計画(IODP)第358次研究航海(2018年10月7日~2019年3月31日)において挑戦する海底下5,200 mにおよぶプレート境界断層を採取するための超深度掘削の意義などをわかりやすく解説いたします。
また、「ちきゅう」から送られてくる報告を随時発信し、新しく得られた情報や知見を皆様にお知らせしていきます。

イベント名
科博NEWS展示「南海トラフ地震発生帯掘削に「ちきゅう」が挑む」
主催
国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)
共催
独立行政法人国立科学博物館
開催期間
2018年11月13日(火)~2019年3月30日(土)
開催場所
国立科学博物館 地球館1階オープンスペース(レストラン下) [Googleマップ]
料金
入館料が必要となります。

※開館時間、休館日、入館料などの詳しい情報は、国立科学博物館ホームページをご確認ください。

展示の様子1 展示の様子2