JAMSTEC|海洋研究開発機構|ジャムステック

トップページ > 広報活動 > 展示施設 > 海洋科学技術館(横須賀本部)

展示施設 海洋科学技術館(横須賀本部)

「しんかい6500」の実物大模型を中心に、JAMSTECで所有している船舶の模型や貴重な深海生物標本などを展示し、JAMSTECの活動を紹介しています。横須賀本部見学ツアーのなかでご覧いただけます。

展示案内

「しんかい6500」実物大模型と熱水噴出生物群集ジオラマ
水深6,500mまで潜ることができる有人潜水調査船「しんかい6500」の実物大模型を展示しています。「耐圧殻(たいあつこく)」(コックピット)の側面が切り取られており、実際に中へ入ってパイロット気分を味わっていただくことができます。船内の覗き窓からは、熱水噴出孔の周りに群がる生物模型が見えるため、深海にいるような疑似体験をすることが出来ます。また、外側にある操作盤のスイッチ操作により採取用のマニピュレータや投光器(ライト)を操作することも出来ます。

「しんかい6500」
耐圧殻(たいあつこく)(コックピット)

熱水噴出孔に群がる生物模型
深海生物
生物展示室では、深海から採取してきた深海生物の標本が多数展示してあります。

ムネダラ

シロウリガイ(模型)
水圧の威力
0m~10000mまで、水深1000m毎に発砲スチロール製のカップ麺容器や潰れた金属製バットにより水圧の凄さを分かりやすく展示してあります。また、高圧に耐えるように設計された潜水調査船の各種機器等も展示されています。

水圧により潰れたカップ麺容器と金属製バット