JAMSTEC|海洋研究開発機構|ジャムステック

トップページ > 広報活動 > 番組放送のお知らせ

番組放送のお知らせ

JAMSTECが協力した番組の放送予定をお知らせします。
ぜひご覧下さい。

※番組の放送日時・内容は予告無く変更される場合がございます。予めご了承ください。

番組名 平成教育委員会 2018秋 大人も驚く!小学生が学ぶ最新ニッポンスペシャル
放送日時 2018年10月21日(日) 20:00~21:54
放送局 フジテレビ
内 容 ~ 社会科見学 あばれる君と深海の世界へ~
地球深部探査船「ちきゅう」船内の紹介とラボにて守屋マリンテクニシャン(株式会社マリンワークジャパン)による掘削コアの紹介。レポーターあばれる君が潜水調査船整備場を訪ね吉梅 剛 グループリーダー(海洋工学センター)が有人潜水調査船「しんかい6500」の耐圧殻内等の紹介と海底探査中の映像を提供しました。
番組名 NHKスペシャル「秘島探検 ロストワールド」第2集「孀婦岩」
放送日時 2018年9月29日(土) 21:00~21:49
放送局 NHK総合テレビ
内 容 伊豆諸島最南端、大海原にそびえる巨大な岩の柱、孀婦(そうふ)岩。
年中、海が荒れ容易に近づけないため、これまで詳しい調査が一度も行われたことがなかった。番組では2年かけ、科学者やエンジニアらと共に初の科学調査に挑んだ。垂直の崖を登ると、正体の知れない生きものが岩の隙間から現れ、周囲の海からは、不思議な深海魚が次々とあがる。空前絶後のスケールで数々の深海探査機を投入。そして見つけた、巨大魚の正体とは?
ソウフ岩周辺に生息する生物について藤原 義弘 分野長代理(海洋生物多様性研究分野)が、ソウフ岩周辺の海流について宮澤 泰正 ラボ所長代理(アプリケーションラボ)が取材協力しました。
番組名 さかなクン大深海SP~地球最後の秘境のナゾ~
放送日時 2018年9月16日(日) 19:00~20:54(再放送)
放送局 BS-TBS
内 容 東京海洋大学客員准教授のさかなクンが奥谷 喬司・東京水産大学名誉教授と深海や深海生物に迫る2時間番組です。有人潜水調査船「しんかい6500」による調査潜航について柳谷 昌信 技術副主幹(海洋工学センター)が案内しました。また、地球深部探査船「ちきゅう」の研究航海の様子について船長などが船内を案内しました。
※2017年9月に放送された番組の再放送です。
番組名 海DO宝(うみどぅたから)
放送日時 2018年8月28日(火)10:48~10:51
放送局 RBC琉球放送
内 容 『海DO宝(うみどぅたから)』は、沖縄県内の海に関連するイベント・団体活動・施設などをわかりやすく紹介する3分間の情報番組です。今回は、「海に漂うマイクロプラスチック」と題したGODACセミナーの様子を、講師や参加者のインタビューを交えつつ紹介します。
番組名 南の島のミスワリンYoutube
放送日時 2018年8月25日(土)15:30~16:00
放送局 RBC琉球放送
内 容 沖縄のサンゴを守れ!あの「ミスワリン」が沖縄の海を舞台にサンゴの保全活動にチャレンジする姿をご紹介します。
今回は、GODACセミナー「海に漂うマイクロプラスチック」の様子を、講師や参加者のインタビューを交えつつ紹介します。
番組名 ワイワイ!わらびんChatYoutube
放送日時 2018年8月18日(土)11:25~11:28
放送局 RBC琉球放送
内 容 「ワイワイ!わらびんChat」は、沖縄の子育てに役立つ、旬の情報を紹介するの3分間の情報番組です。赤ちゃんから小学生低学年のお子さんのいるご家庭を対象に、子どもの健康・あそび・文化・支援制度など、幅広いテーマを扱います。今回は、GODACの施設紹介や「夏休み うみの工作教室」の様子を、GODACが取材協力し、見学者や会場の様子を交えつつ紹介します。
番組名 遥かなる深海大冒険10
放送日時 2018年8月12日(日)21:00~22:54
放送局 BS朝日
内 容 “深海”を掘り下げ、その未知なる世界に迫る番組のシリーズ第10弾です。
今回は、東北地方太平洋沖地震後に、三陸沖の海洋生態系を調査し、持続可能な漁業を目指したデータを継続的に取得している、「東北マリンサイエンス拠点形成事業」について、プロジェクトの内容や、5月~6月に行われた航海について紹介されます。土田 真二 首席研究者(東日本海洋生態系変動解析プロジェクトチーム)をはじめとする乗船研究者、海底広域研究船「かいめい」乗組員、「KM-ROV」運航チームが取材協力しました。
番組名 ガリレオX
放送日時 2018年8月12日(日)11:30~12:00
(本放送翌週に再放送あり)
放送局 BSフジ
内 容 サイエンスやテクノロジーに関わる新しい動向や注目の研究を、「深く・わかりやすく・面白く」伝える30分の科学ドキュメンタリー。
第178回は「謎の生物クラゲに魅せられた科学者たち~不老不死からノーベル賞まで~」水中を浮遊しながら生活する“クラゲ”。ふわふわと漂うその姿をぼんやりと眺めているだけで癒されるクラゲだが、一体どのような生物なのか?その生態は意外と知られていない。 実はベニクラゲというクラゲは何度も若返る“驚異の不老不死”の能力を秘めており、そのメカニズムを探る研究が続けられている。またクラゲは科学の進歩に多大な影響を与えているという。発光するクラゲの研究で下村修氏が2008年にノーベル化学賞を受賞した大発見は、現在の生物学・生理学・医学で不可欠な技術となっている。不老不死のメカニズムからノーベル賞まで、知られざる生物“クラゲ”に迫る。
Dhugal Lindsay 主任技術研究員(海底資源研究開発センター)が協力しました。
番組名 JAMSTEC×niconico深海研究部(第7弾)
深海をみんなで調査しよう!無人探査機で潜航2018夏
放送日時 2018年8月5日(日)08:00~16:30(予定)
放送局 ニコニコ生放送
内 容 視聴者と一緒に海洋科学技術の研究最前線を応援していくシリーズ番組「JAMSTEC×niconico深海研究部」の第7弾が放送されます。
今回は、第20回全国児童「ハガキにかこう海洋の夢コンテスト」入賞者による「かいれい」への体験乗船と無人探査機「かいこう」による駿河湾での潜航の様子を生中継いたします。リアルタイムでお送りする深海底を一緒に観察しましょう。
番組視聴ページ: http://live.nicovideo.jp/gate/lv314076760
本番組を視聴するための会員登録は不要です。無料会員は放送後の視聴が可能です。
悪天候などの際は中止になる可能性があります。
番組名 スピードワゴンの月曜the Night
放送日時 2018年7月16日(月・祝)25:00~27:00(生放送)
放送局 Abema TV(無料で楽しめるインターネットテレビ局)
AbemaSPECIALチャンネル
内 容 今回のテーマは「深海」。藤倉 克則 分野長(海洋生物多様性研究分野)が生出演し、深海や深海生物の不思議について、豊富な映像を交えご紹介します。
番組名 知られざる深海の世界へ!~JAMSTEC施設一般公開2018~
放送日時 2018年7月16日(月・祝)08:30~09:00(初回放送)
放送局 チャンネル700(ケーブルテレビ専用チャンネル)
※チャンネル700加入のケーブルテレビにてご覧になれます。
視聴方法はこちらをご覧ください。
http://www.cablecast.co.jp/ch700/howto/
内 容 5月12日(土)に行われました横須賀本部施設一般公開の様子とJAMSTECの取り組みをご紹介します。
高吉 宏武 事務主事(広報課)他、施設一般公開の各イベント担当者が取材協力しました。
チャンネル700 HP: http://www.cablecast.co.jp/ch700/
番組名 安住紳一郎の日曜天国
放送日時 2018年7月1日(日)10:00~11:55(生放送)
放送局 TBSラジオ AM954kHz
内 容 貝に魅せられた動機、貝を通じてどんな人たちと出会ったか、スケーリーフットを研究するようになった経緯、実際のJAMSTECにおける研究内容などの興味深い話をChong Chen 研究員(海洋生物多様性研究分野)が出演し、生放送でお届けします。
番組名 KANAGAWA Muffin(カナガワマフィン)
放送日時 2018年6月23日(土)8:30~8:55
放送局 FMヨコハマ FM84.7MHz
内 容 色とりどりのマフィンのように、様々な魅力を持つ神奈川県。そんな神奈川の情報をたっぷりとお届けする番組です。今回は神奈川県にある研究機関としてJAMSTECが紹介されます。そもそも何処にあり、どんな人たちが働いているのか、どんな研究のための船や道具があるのか、どんな研究をしているところなのかなど、長谷部 喜八(広報課)がゲスト出演し紹介します。
番組名 驚き!地球!グレートネイチャー「幻の大陸・ジーランディアを追え!」
放送日時 2018年6月21日(木)12:00~12:30(再放送)
放送局 NHK BSプレミアム
内 容 オーストラリア、ニュージーランド、ニューカレドニアにまたがる海域に眠っているという水没大陸は、どのようにして誕生し、なぜ海に沈んでしまったのか?「失われた大陸」の謎に迫ります。
当機構からは、Geoscience Australia(豪州地球科学研究所)とのロードハウライズの研究調査などについて、斎藤 実篤 グループリーダー(海洋掘削科学研究開発センター)と小平 秀一 研究開発センター長(地震津波海域観測研究開発センター)が取材に協力しました。
※2017年7月に放送された番組の短縮版です。
※2018年2月に放送された番組の再放送です。
番組名 遥かなる深海大冒険9
放送日時 2018年6月10日(日)21:00~22:54
放送局 BS朝日
内 容 “深海”を掘り下げ、その未知なる世界に迫る番組のシリーズ第9弾です。
今回は、沖縄をテーマに、その深海の世界を紹介します。JAMSTECでは、有人潜水調査船や無人探査機で撮影された映像を、「深海映像・画像アーカイブス(J-EDI)」として公開しています。番組では、このアーカイブを担う、沖縄にある拠点、国際海洋環境情報センター(GODAC)が紹介されます。また、藤倉 克則 分野長(海洋生物多様性研究分野)が、沖縄の深海の世界について取材協力しました。
番組名 カナフルTV
放送日時 2018年6月3日(日)18:00~18:30(手話付き)
放送局 テレビ神奈川(tvk地上デジタル3ch)
内 容 特集「地球の真実を探る!しんかい6500」(仮題)
この番組は神奈川県内の研究拠点など日頃自由には入れない研究所などを紹介する特集コーナーです。今回は、深度6,500mまで潜ることができる有人潜水調査船「しんかい6500」や、その支援母船「よこすか」など海洋の魅力盛りだくさんでご紹介します。男性レポーターが横須賀本部を訪ね海洋科学技術館、高圧実験水槽棟、そして「しんかい6500」キャビンにも入り詳しく、解りやすくレポートします。吉梅 剛 グループリーダー(海洋工学センター)、鈴木 あゆみ(広報課)が取材対応しました。
番組名 「世界ふしぎ発見!」失われた大陸 ジーランディアの謎「世界ふしぎ発見!」失われた大陸 ジーランディアの謎
放送日時 2018年6月2日(土)21:00~21:54
放送局 TBSテレビ系列
内 容 「世界ふしぎ発見!」は各国の自然や文化などをテーマにした大人気の教養クイズ番組です。
第1475回目となる次回放送は、豪州ニュージーランドの海底に眠る、謎の大陸ジーランディアに迫ります。
ジーランディアは、そのほとんどが海の中にある水没大陸で超大陸ゴンドワナが分裂する際に薄く引き伸ばされ、海に沈んでしまったと考えられています。
JAMSTECからは、この「失われた大陸」を調査し大陸分裂の謎を解き明かす「ロードハウライズプロジェクト」について斎藤 実篤 グループリーダー(海洋掘削科学研究開発センター)が紹介します。
番組名 ブラタモリ
放送日時 2018年6月2日(土)19:30~20:15
放送局 NHK総合
内 容 今回は伊豆半島の先端にある下田が舞台。今から約160年前、黒船を率いたペリーの来航で有名です。この出来事をきっかけに、日本で最初の開港地として「世界へ開かれた窓」になった場所。でも難所・天城峠の先にある、決して便利ではない町が、どうしてそんな重要な場所に選ばれたのでしょうか?タモリさんが、下田の町と海をめぐりながら意外な歴史を解き明かしていきます。その謎に黒潮が重要な役割をしています。美山 透 主任研究員(アプリケーションラボ)が取材協力いたしました。
番組名 ラジオ深夜便
放送日時 2018年5月21日(月)28:00~29:00
(5月22日(火)04:00~05:00)
放送局 NHKラジオ第1
内 容 「両極を究める」と題して第60次南極観測隊副隊長に決まった原田 尚美 研究開発センター長代理(地球環境観測研究開発センター)が出演し、研究者の道に入った理由や、きっかけ、1回目の越冬隊に参加した時のエピソード、JAMSTECでの研究活動、今回の観測隊における意気込みや自分の考え方等プライベートから研究についても約45分に渡り語ります。
番組名 E-ne! ~good for you~
コーナー名 YES!For You
放送日時 2018年5月14日(月)、5月21日(月)14:31~14:36
※前半、後半に分けての放送
放送局 FMヨコハマ(横浜エフエム放送株式会社)
内 容 「いま、わたしにできること」をテーマに活動している方をスタジオに招いてお話をお聞きする番組です。
今回は地球シミュレータを使い、みなとみらい地区グランモール公園の熱環境シミュレーションをおこなった杉山 徹 技術研究員(地球情報基盤センター)がゲスト出演します。 身近な人間の活動に役に立つ仕事をしたいという杉山 徹 技術研究員の考えや、スパコンがどのように使われているか、JAMSTECって何なのかなど、2週に渡ってパーソナリテイMITSUMIさんと一緒にお話します。
番組名 ガリレオX
放送日時 2018年5月13日(日)11:30~12:00
(本放送翌週に再放送あり)
放送局 BSフジ
内 容 サイエンスやテクノロジーに関わる新しい動向や注目の研究を、「深く・わかりやすく・面白く」伝える30分の科学ドキュメンタリー。
第172回は「チバニアンと地磁気と生命」。 地球の誕生から約46億年。その歴史の一角に「チバニアン(千葉時代)」の文字が刻まれる可能性がほぼ確実となった。千葉県市原市の地層には地球が持つ磁力「地磁気」が今とは反対の方向を向いていた痕跡が残っており、これが国際基準地として認められれば地球史に「千葉時代」と記されることになる。巨大な磁石と喩えられる地球のN極とS極の向き、つまり同所でコンパスの指す方角は、実は過去360万年の間に11回も反転しているという。その最後の反転の証拠こそがチバニアンなのだ。地磁気はなぜ発生するのか。生命に与える影響とは。認定間近のチバニアンを通じて地磁気の謎に迫る。
宮腰 剛広 主任研究員(地球深部ダイナミクス研究分野)が協力しました。
番組名 NHK高校講座・地理
世界の気候を見てみよう (1)~気候はどうして作られるか~
放送日時 2018年5月11日(金)14:40~15:00
放送局 NHK Eテレ
内 容 気温と降水、大気大循環と風、世界の水循環などについてスタジオで学んでいきます。女子高校生リポーターが海洋研究開発機構を訪ねて専門家に「黒潮の速さやエネルギーがどのくらいのものか、それはどうやってわかったか」などのお話を聞く内容。
美山 透 主任研究員、森岡 優志 研究員(アプリケーションラボ)が協力しました。
番組名 サイエンスZERO「世界記録更新!驚異の超深海魚」
放送日時 2018年5月6日(日)23:30~00:00
2018年5月12日(土)11:00~11:30(再放送)
放送局 NHK Eテレ
内 容 JAMSTECとNHKが撮影に成功した、最も深い場所で撮影された魚マリアナスネイルフィッシュ。昨年の夏にNHKスペシャルで放送されニュースとなりました。そのいわば続編が、5月6日(日)サイエンスZEROで放送されます。
捕獲した魚の研究がすすみ、「骨」の分析から水中で7000メートルもの高低差を旅する、常識破りの一生を送っているらしいことが判明しました。深海で繰り広げられる驚異のドラマの真相に迫ります。村島 崇 次長(海洋工学センター)が協力、小栗 一将 主任技術研究員、土田 真二 技術主幹(海洋生物多様性研究分野)が出演し、北里 洋 アドバイザー(東日本海洋生態系変動解析プロジェクトチーム)がスタジオにて解説予定です。
番組名 BAYFM自然環境番組「Love Our Bay」
放送日時 2018年4月30日(月)~5月3日(木)11:53~11:59
放送局 BAYFM ベイエフエム (78.0mhz)
内 容 高井 研 分野長(深海・地殻内生物圏研究分野)が、学生時代から留学中のエピソード、また研究者としての考え方などをパーソナリティーの西本 淑子さんとお話いたします。
・4月30日(月)深海を調査、研究する目的について。
・5月1日(火)初めて潜水調査船に乗った時の体験談。
・5月2日(水)生命の起源の謎について。
・5月3日(木)生命に関する最近の研究について。
番組名 みんなの2020 バンバン ジャパーン!
放送日時 2018年4月28日(土)22:00~22:45
放送局 NHK Eテレ
内 容 2020年東京オリンピック・パラリンピックまで2年。
“国際化待ったなし”の日本をバンバン盛り上げようというユニークな取り組みや、身近な在日外国人の暮らしを紹介する番組です。クラゲ研究者にして俳句も詠むDhugal Lindsay 主任技術研究員(海底資源研究開発センター)が協力しました。
番組名 JAMSTEC×niconico深海研究部(第6弾)
「未知の生物」と「先進の技術」を学んでみなイカ?スプラトゥーン2コラボフェス開催!
放送日時 2018年4月21日(土)13:00~22日(日)17:00(予定)
放送局 ニコニコ生放送
内 容 視聴者と一緒に海洋科学技術の研究最前線を応援していくシリーズ番組「JAMSTEC×niconico深海研究部」の第6弾は、任天堂株式会社が発売するNintendo SwitchTM専用ソフト「スプラトゥーン2」との“コラボフェス”開催に合わせ放送されます。
フェスのお題である「未知の生物」と「先進の技術」について、「未知の生物」はChong Chen 研究員(海洋生物多様性研究分野)が、「先進の技術」は江口 暢久 部長(地球深部探査センター)が、解説します。
ゲームで遊ぶ方はもちろん、そうでない方も海洋の研究と技術を学んでみなイカ?!

番組視聴ページ: http://live.nicovideo.jp/gate/lv312543969
※本番組を視聴するための会員登録は不要です。無料会員は放送後の視聴が可能です。

「スプラトゥーン2」とJAMSTECのコラボレーションについてはこちら
番組名 遥かなる深海大冒険!
放送日時 2018年4月8日(日)21:00~22:54
放送局 BS朝日
内 容 遥かなる深海大冒険シリーズ8回目として昨年から続いて2か月に一回放送の特集番組です。
相模湾は駿河湾、富山湾と並ぶ「日本の三大“深い湾”」の一つ。
深海ならではの不思議な生態系を目の当たりにすることが出来る貴重な場所です。
何も食べずに生きていける生物…一体なぜ?
触手が600本?不思議な形をしたクラゲ!
ハイライトは研究者がクジラの遺骸を沈め深海生物の壮大な食物連鎖の一端をお見せする場面です。
『相模湾の深海』その秘密と魅力を、余すところなくお伝えします!

番組案内役は中村 征夫さん(水中写真家)、JAMSTECからは藤倉 克則 分野長、藤原 義弘 分野長代理、生田 哲朗 技術研究員(海洋生物多様性研究分野)が協力いたしました。
番組名 コズミックフロント☆NEXT
シリーズ地球 謎の大絶滅史
放送日時 2018年4月5日(木)22:00~
2018年4月11日(水)23:45~(再放送)
放送局 NHK BSプレミアム
内 容 2億5千万年前、生物種の9割もが死に絶えるという大量絶滅(P-T境界)が起きた。最新研究から、大量絶滅に先がけ、地球上の大陸がひとつにつながる超大陸が誕生していたことが判明。それがきっかけとなり、地球内部のマントル活動や、磁場、降り注ぐ宇宙線が激変し、「プルームの冬」と呼ばれる過酷な環境に。それが大量絶滅の原因となったというのだ。吉田 晶樹 主任研究員(地球深部ダイナミクス領域)が協力しました。
また地球内部から宇宙までつながる壮大な謎解きを、多くのJAMSTEC地質研究者が参加しました。中東・オマーンで進む マントル掘削など最先端の調査に密着しながら、ダイナミックの地球の造形をスケール感たっぷりに描かれます。
番組名 連続ドラマW「海に降る」
配信日 2018年3月1日(木)配信スタート
配信元 動画配信サービスdTV
内 容 2015年にWOWOWで放送された連続ドラマW「海に降る」が動画配信サービスdTVで配信が始まります。
JAMSTECを舞台に「しんかい6500」運航チームに所属する天谷深雪(有村架純)が神秘的な深海の世界に挑む海洋ロマンあふれる壮大なるヒューマンドラマです。「しんかい6500」完成25周年として当機構が制作協力しました。
参考リンク:
動画配信サービスdTVでの番組ページ
番組名 ジオ・ジャパン絶景列島を行く 第2集 中国・四国・近畿
放送日時 2018年2月21日(水)19:00~19:59
2018年2月25日(日)15:30~16:29(再放送)
放送局 NHK BSプレミアム
内 容 大地の秘密を解き日本列島誕生の物語を地域ごとに描く「ジオ・ジャパン~絶景列島を行く」。
第2集は、中国・四国・近畿。太古の昔、この地域はみな海の底だった。それが5億年もかけて北から南へ順々に陸地へと成長してきた。しかし、その途上で何度も巨大噴火に見舞われ、現在は中央構造線と呼ばれる大断層を境に、南北で大地の質が大きく異なっている。この違いが鳥取砂丘や秋吉台、琵琶湖など多様な絶景と恵みを生み出した。山田 泰広 研究開発センター長(海洋掘削科学研究開発センター)が「付加体実験」を行いその仕組みについて解説しました。木村 純一 分野長代理(地球内部物質循環研究分野)が制作協力しました。
番組名 ジオ・ジャパン絶景列島を行く 第1集 九州・沖縄
放送日時 2018年2月14日(水)19:00~19:59
2018年2月18日(日)15:30~16:29(再放送)
放送局 NHK BSプレミアム
内 容 大地の秘密を解き日本列島誕生の物語を地域ごとに描く「ジオ・ジャパン絶景列島を行く」。
第1集。九州はカルデラと呼ばれる巨大火山が集中する「火の国」。一方、沖縄は火山が少ないので日本一のサンゴ礁が発達する。九州と沖縄は正反対の世界だが、どちらも日本では珍しく「強く引っ張られている大地」。実は驚きの変動が静かに進行している。木村 純一 分野長代理(地球内部物質循環研究分野)が協力しました。
番組名 遥かなる深海大冒険7 富士山の海に驚がく生物がいた!
放送日時 2018年2月8日(木)21:00~22:54
放送局 BS朝日
内 容 “深海”を掘り下げ、その未知なる世界に迫る番組のシリーズ第7弾です。
今回は、日本一深い湾である駿河湾をテーマに、その深海の世界を紹介します。その中で、番組ナビゲーターである水中写真家の中村征夫さんが「しんかい6500」で見た、駿河湾の海底をJAMSTECの研究者が解説するなど、「中村征夫・深海7時間の旅(BS朝日、2018年1月11日放送)」を振り返ります。さらに、「みらい」ベーリング海航海や地球深部探査船「ちきゅう」についても紹介されます。
土田 真二 技術主幹、藤原 義弘 分野長代理、Agnes K. M. Weiner JSPS外来研究員(海洋生物多様性研究分野)、野牧 秀隆 主任研究員、Dewi J. R. Langlet JSPS外来研究員(生物地球化学研究分野)が取材協力しました。
番組名 テイバンタイムス
放送日時 2018年2月4日(日)11:00~11:55
放送局 BS朝日
内 容 ニッポン初のチャレンジ!無人ロボットを使って、過酷な海底探査レースにチャレンジする「チームKUROSHIO」に迫る!と題して「テイバン・タイムズ」記者のハマカーンの二人とアシスタント吉川 茉優さん(アップアップガールズ)の3人がTeamKUROSHIOの挑戦を紹介する内容です。
新江ノ島水族館で深海の基礎知識を学び、JAMSTECに来て深海の圧力実験やしんかい6500のすごさを目のあたりにしたり浮力材などについても調べます。実際に使う水中ロボットの紹介を三鷹の海上技術安全研究所や東京大学生産技術研究所まで調べて紹介をします。全体の案内役をTeamKUROSHIO共同代表の一人大木 健 技術研究員(地震津波海域観測研究開発センター)が行い、柴田 桂(広報課)、吉梅 剛 グループリーダー、柳谷 昌信 技術副主幹(海洋工学センター)が説明役等取材に協力しました。
番組名 驚き!地球!グレートネイチャー「幻の大陸・ジーランディアを追え!」
放送日時 2018年2月1日(木)06:00~06:30
放送局 NHK BSプレミアム
内 容 オーストラリア、ニュージーランド、ニューカレドニアにまたがる海域に眠っているという水没大陸は、どのようにして誕生し、なぜ海に沈んでしまったのか?「失われた大陸」の謎に迫ります。
当機構からは、Geoscience Australia(豪州地球科学研究所)とのロードハウライズの研究調査などについて、斎藤 実篤 グループリーダー(海洋掘削科学研究開発センター)と小平 秀一 研究開発センター長(地震津波海域観測研究開発センター)が取材に協力しました。
番組名 サイエンスZERO「巨大海流 黒潮」
放送日時 2018年1月21日(日)23:30~24:00
放送局 NHK Eテレ
内 容 日本列島の南を沿うように流れる黒潮が、12年ぶりに大蛇行し、紀伊半島沖で南へ大きく流れを変える状態が続いています。
なぜ黒潮は蛇行するのか?観測とシミュレーションからその謎が、徐々に明らかになりつつあります。その今年の黒潮について美山 透 主任研究員(アプリケーションラボ)が解説します。
番組名 カナフルTV「神奈川工業技術開発大賞」特集
放送日時 2018年1月21日(日)09:30~10:00
放送局 TVK(テレビ神奈川)
内 容 鶴見精機とJAMSTECが共同開発をした、深海用プロファイリングフロート「Deep NINJA」が神奈川工業技術開発大賞を受けたことを受けて特集されます。「Deep NINJA」の研究現場での活用について、細田 滋毅 グループリーダー代理(地球環境観測研究開発センター)が取材協力しました。
番組名 4時間SP!遥かなる深海大冒険! 密着“しんかい6500” 中村征夫が夢の海底へ
放送日時 2018年1月11日(木)19:00~22:54
放送局 BS朝日
内 容 深海をテーマにシリーズで放送している「遥かなる深海大冒険!」。
今回は、番組ナビゲーターを務める水中写真家の中村征夫氏が、「しんかい6500」で駿河湾の深海へ潜航します。
この挑戦に完全密着し、4時間のスペシャル番組で放送します。
半世紀にわたり世界中の海を撮影し続けている中村氏が抱いた、深海に行きたいという夢がついに叶う時、彼は何を見、何を感じたのでしょうか。
飯嶋一樹技術副主幹(海洋工学センター)、「しんかい6500」運航チーム、「よこすか」乗組員、生田哲朗技術研究員、土田真二技術副主幹(海洋生物多様性研究分野)他が全面協力しました。
番組名 新どうぶつ奇想天外!
放送日時 2018年1月7日(日)18:00〜20:57
放送局 TBS
内 容 家族が揃って楽しめる動物バラエティー番組です。
今回のテーマは動物たちが生きるために身につけた“奇想天外な特殊能力”。
陸・海・空に生息する様々な動物たちが隠し持つスーパー能力を、奇想天外な実験とともに紹介します。
深海の奇想天外な巻貝、スケーリーフットについて、チョン・チェン ポストドクトラル研究員(深海・地殻内生物圏研究分野)がご紹介します。
番組名 NHKスペシャル選「黒潮 ~世界最大 渦巻く不思議の海~」
放送日時 2018年1月2日(火)05:10~05:59
放送局 NHK総合
内 容 日本人の暮らしや文化に影響を与えてきた「黒潮」について最新の研究成果などを交えて紹介します。
白鳳丸などの調査航海や地球シミュレータによる海流の予測研究について美山 透 主任研究員(アプリケーションラボ)他が協力しました。2017年9月17日に放送された番組の再放送です。
番組名 「遥かなる深海大冒険」一挙再放送
放送日時 2018年1月1日(月)06:00~17:54(再放送)
放送局 BS朝日
内 容 日本を代表する水中写真家・中村征夫氏が深海の調査現場などを訪ねる番組です。
2017年に放送された「遥かなる深海大冒険」が元日に一挙再放送されます。
「遥かなる深海大冒険!~ふしぎで奇妙な生き物たち~」
「遥かなる深海大冒険2 ~ミクロ生物から巨大沈没船~」
「遥かなる深海大冒険3 ~密着!海底谷とナゾの生物~」
「遥かなる深海大冒険4 沖縄で見た巨大ザメ&光るサメ」
「遥かなる深海大冒険5 富山湾の巨大生物 VS “赤い海”のナゾ生物」
「遥かなる深海大冒険6 東京湾に異変!?幻のサメを追う!」
番組名 深海大スペシャル 驚異のモンスター大集合!
放送日時 2017年12月30日(土)21:00~22:00
放送局 NHK総合
内 容 「ダイオウイカ」世界初撮影の瞬間や、熱帯の海底洞窟でひっそりと生き抜いてきた「ヒョウモンシャチブリ」など世界初の映像が続々登場。熱帯から南極、マリアナ海溝まで地球の海を旅して、有名な深海モンスターに出会える番組です。
今年、マリアナ海溝チャレンジャー海淵で行われたJAMSTECとNHKとの共同調査において、魚類の世界最深記録を更新した映像も紹介される予定です。
番組名 体感!グレートネイチャー:追跡!失われた大陸 ジーランディア
~ニュージーランド・ニューカレドニア・オーストラリア~
放送日時 2017年12月29日(金)18:00~19:30(再放送)
放送局 NHK BSプレミアム
内 容 オーストラリア、ニュージーランド、ニューカレドニアにまたがる海域に眠っているという水没大陸は、どのよ うにして誕生し、なぜ海に沈んでしまったのか?「失われた大陸」の謎に迫ります。
JAMSTECからは、斎藤 実篤 グループリーダー(海洋掘削科学研究開発センター)と小平 秀一 研究開発センター長(地震津波海域観測研究開発センター)が豪州とのロードハウライズの研究調査などについて紹介します。2017年7月22日に放送された番組の再放送です。
番組名 NHKスペシャル 列島誕生 ジオ・ジャパン(再放送)
第1集 奇跡の島はこうして生まれた
第2集 奇跡の島は山国となった
放送日時 第1集 2017年12月29日(金)13:05~13:54
第2集 2017年12月29日(金)13:55~14:44
放送局 NHK総合
内 容 日本列島は、どうやって生まれ、どんなドラマをへて、今の姿となったのか?本番組では、最新科学が解き明かしつつある数千万年に及ぶ"列島誕生の大地の物語"を、日本各地の絶景や、CGを交えて描きます。
JAMSTECからは、平 朝彦 理事長、木村 純一 分野長代理(地球内部物質循環研究分野)、大河内 直彦 分野長(生物地球化学研究分野)、吉田 晶樹 主任研究員(地球深部ダイナミクス研究分野)他が取材協力しました。2017年7月に放送された番組の再放送です。
番組名 「科学ミチル。 世界は未知で満ちている」
#037「大陸誕生の謎に迫る!」
放送日時 2017年12月14日(木)20:55~21:00
放送局 BSジャパン
内 容 世界の最先端科学の現場・研究者を取材し、その研究内容、研究が導く未来を伝えていく科学情報番組です。
今回は田村 芳彦 グループリーダー(海洋掘削科学研究開発センター)が海底火山や火山島を対象に、研究船や無人探査機を駆使して、大陸や島などの陸地はどのようにして誕生したのかを解明する研究を紹介します。
バックナンバーは番組ホームページで視聴できる予定です。
番組名 グレートネイチャーSP 地球事変ギガミステリー(1)「地中海消滅」
放送日時 2017年12月9日(土)21:00~22:00
放送局 NHK BSプレミアム
内 容 地球と生命の歴史を変えた「地球事変」の謎に迫る自然ドキュメンタリー番組です。今回のミステリーは<地中海消滅>です。日本海3杯分に相当する地中海が干上がり、塩の大盆地が出現したという地中海の消滅と復活の手がかりを求め世界各地が紹介されます。
当機構からは、Francisco Jose Jimenez-Espejo研究員(生物地球化学研究分野)らがイタリア・シチリア島におけるメッシニアン期地中海塩分危機に関する調査研究などについて協力しました。
番組名 JAMSTEC×niconico深海研究部(第5弾)
“有孔虫”を観察しよう~顕微鏡の中の小宇宙~
放送日時 2017年12月1日(金)20:00~21:30(予定)
2017年12月2日(土)11:00~20:00(予定)
放送局 ニコニコ生放送
内 容 視聴者と一緒に海洋科学技術の研究最前線を応援していくシリーズ番組「JAMSTEC×niconico深海研究部」の第5弾が放送されます。
今回は、世界中の浅海から深海に生息する小さな生物“有孔虫”をテーマに、2日間連続で放送します。
1日目は、海岸で実際に採集を行い、2日目は、豊福 高志 主任研究員(海洋生物多様性研究分野)とともに、採集した有孔虫を観察します。有孔虫の生態や研究内容についての解説も交え、ミクロな生物から解き明かす、研究の最先端をご紹介します。
番組視聴ページ:
1日目 夜の海岸で採集編
2日目 顕微鏡をのぞいてみよう編
※本番組を視聴するための会員登録は不要です。無料会員は放送後の視聴が可能です。
番組名 連続ドラマW「海に降る」
配信日 2017年11月19日(日)配信スタート
配信元 動画配信サービスHulu
内 容 2015年にWOWOWで放送された連続ドラマW「海に降る」が動画配信サービスHuluで配信が始まります。
JAMSTECを舞台に「しんかい6500」運航チームに所属する天谷深雪(有村架純)が神秘的な深海の世界に挑む海洋ロマンあふれる壮大なるヒューマンドラマです。
「しんかい6500」完成25周年として当機構が制作協力しました。
参考リンク:
動画配信サービスHuluでの番組ページ
「しんかい6500」が舞台の小説『海に降る』のドラマ化について
番組名 世界初撮影!鯨が踊り!鳥が乱舞! 謎の海域〝M〟へ
~太平洋の最北ベーリング海・生き物たちの宴~
放送日時 2017年11月12日(日)21:00~22:54
放送局 BS朝日
内 容 ベーリング海のアリューシャン列島沖では、1年のうちごくわずかな時期にだけ、クジラや鳥が大集結する現象“アリューシャンマジック”が知られています。今年8月、この特徴的な現象が起きる海の生態系を調べる調査航海が海洋地球研究船「みらい」により行われました。初めて調査を行う海域での研究者の挑戦や、アリューシャンマジックというダイナミックな現象をご紹介します。本航海の首席研究者である藤原 義弘 分野長代理(海洋生物多様性研究分野)他、乗船研究者、「みらい」乗組員が取材協力しました。
番組名 「ガリレオX」第152回 深海熱水噴出孔の世界
生命はどのようにして誕生したのか?
放送日時 2017年11月5日(日)11:30~12:00(再放送)
放送局 BSフジ
内 容 「ガリレオX」は、科学や科学技術に関わる新しい動向や注目の研究を、「深く・わかりやすく・面白く」伝える、30分の科学ドキュメンタリーです。
今回は、地球上で生命が誕生した場として最も有力と考えられている熱水噴出孔に焦点を当て、生命の起源をめぐるこれまでの研究、さらに最新の研究成果から見えてきた、深い海の底に広がる“熱水噴出孔”の姿に迫ります。高井 研 分野長、山本 正浩 研究員、渋谷 岳造 研究員(深海・地殻内生物圏研究分野)が取材協力しました。
本番組は、2017年7月9日に放送した番組のアンコール放送です。
番組名 超深海・JAMSTECの挑戦
放送日時 2017年11月4日(土)20:53~21:00(初回放送)
放送局 ディスカバリーチャンネル(国内向け)
内 容 ディスカバリーチャンネルのミニ番組でJAMSTECが紹介されます。
超深海に挑む技術として「しんかい6500」と「かいこう」について、村島 崇 次長と川間 格 グループリーダー代理(海洋工学センター)が取材協力しました。
番組名 体感!グレートネイチャー:追跡!失われた大陸 ジーランディア
~ニュージーランド・ニューカレドニア・オーストラリア~
放送日時 2017年10月17日(火)15:30~17:00(再放送)
放送局 NHK BSプレミアム
内 容 オーストラリア、ニュージーランド、ニューカレドニアにまたがる海域に眠っているという水没大陸は、どのよ うにして誕生し、なぜ海に沈んでしまったのか?「失われた大陸」の謎に迫ります。
JAMSTECからは、斎藤 実篤 グループリーダー(海洋掘削科学研究開発センター)と小平 秀一 研究開発センター長(地震津波海域観測研究開発センター)が豪州とのロードハウライズの研究調査などについて紹介します。今年7月22日に放送された番組の再放送です。
番組名 遥かなる深海大冒険5 ~富山湾の巨大生物 VS“赤い海”のナゾ生物~
放送日時 2017年10月5日(木)21:00~22:54
放送局 BS朝日
内 容 “深海”を掘り下げ、その未知なる世界に迫る番組のシリーズ第5弾です。
今回は富山湾の深海の特徴や海底調査の最新の話題が紹介されます。JAMSTECからは、日本近海に広がっているコバルトリッチクラストの調査航海の様子と地球変動を通じて鉱物が成長する成因を探る研究について鈴木 勝彦 研究開発センター長代理(海底資源研究開発センター)が紹介します。
番組名 「遥かなる深海大冒険2~ミクロ生物から巨大沈没船~」
放送日時 2017年10月1日(日)21:00~22:54(再放送)
放送局 BS朝日
内 容 “深海”を掘り下げ、その未知なる世界に迫る番組をシリーズ第2弾は、「日本一深い湾・駿河湾」を特集し、JAMSTECが撮影してきた駿河湾の深海の映像をたっぷりとご紹介し、その魅力に迫ります。また、ミクロな生物「有孔虫」研究の最前線、深海映像・画像アーカイブス(J-EDI)の紹介に加え、世界の深海研究所が撮影した生物映像も紹介されます。
JAMSTECからは、豊福 高志 主任研究員、土田 真二 技術副主幹(海洋生物多様性研究分野)、小平 秀一 研究開発センター長(地震津波海域観測研究開発センター)他が取材協力しました。
※2017年4月に放送された番組の再放送です。
番組名 ETV特集「ウナギを追いつづけた男~塚本博士の大冒険~」
放送日時 2017年9月30日(土)23:00~24:00
放送局 NHK教育テレビ(ETV)
内 容 ニホンウナギの産卵生態の全貌を解明するため、今年5月にマリアナ海域で実施された「よこすか」「しんかい6500」による潜航調査(YK17-10航海 首席研究者:塚本 勝巳 日本大学教授)の様子が紹介されます。
番組名 NHKスペシャル「黒潮~世界最大 渦巻く不思議の海~」
放送日時 2017年9月17日(日)21:00~21:49
放送局 NHK総合
内 容 日本人の暮らしや文化に影響を与えてきた「黒潮」について最新の研究成果などを交えて紹介します。白鳳丸などの調査航海や地球シミュレータによる海流の予測研究について美山 透 主任研究員(アプリケーションラボ)他が協力しました。
番組名 「さかなクン大深海SP~地球最後の秘境のナゾ~」
放送日時 2017年9月17日(日)19:00~20:54
放送局 BS-TBS
内 容 東京海洋大学客員准教授のさかなクンが、奥谷 喬司・東京水産大学名誉教授と深海や深海生物に迫る2時間番組です。
有人潜水調査船「しんかい6500」による調査潜航について柳谷 昌信 技術副主幹(海洋工学センター)が案内しました。また、地球深部探査船「ちきゅう」の研究航海の様子について船長などが船内を案内しました。
番組名 「FUTURESCAPE」
放送日時 2017年9月16日(土)9:00~11:00
放送局 FMヨコハマ
内 容 毎週一つの「モノ」「コト」「ヒト」などをテーマに焦点を当て、リスナーの自由な発想とともに、現在の時代を愉快に探求していく番組です。
ゲストコーナーに高井 研 分野長(深海・地殻内生命圏研究分野)が出演し、極限環境の生物研究などについて紹介する予定です。
番組名 サイエンスZERO「小さな大洋“日本海”からの警告」
放送日時 2017年9月3日(日)23:30~00:00
放送局 NHK Eテレ
内 容 日本海の深層循環のサイクルは、太平洋や大西洋よりも20倍速く、日本海での変化はそのまま、地球全体で起きる現象を早送りで見ているようなものだと専門家は指摘します。
番組では、日本海への温暖化の影響を、最新研究から読み解きます。河宮 未知生 分野長(統合的気候変動予測研究分野)が、地球温暖化のシミュレーション研究について、熊本 雄一郎 主任技術研究員(地球環境観測研究開発センター)が、日本海の溶存酸素減少について、取材協力しました。
番組名 AbemaTV「けやき坂アベニュー」水中写真家・中村征夫"深海への冒険"に密着!
放送日時 2017年9月1日(金)~9月8日(金)
放送局 AbemaTV
内 容 水中写真家の中村征夫氏が有人潜水調査船「しんかい6500」で駿河湾の水深1300mに潜航し、深海の撮影に挑んだ様子が紹介されます。
番組名 NHKスペシャル「ディープオーシャン」
超深海 地球最深(フルデプス)への挑戦

放送日時 2017年8月27日(日)21:00~21:49
放送局 NHK総合
内 容 深海の秘境に、最先端の科学で挑むシリーズの最終回は、水深6000メートルを超える究極の「超深海」の世界が特集されます。
今年、世界最深部のマリアナ海溝チャレンジャー海淵で実施したJAMSTECとNHKによる共同調査の様子などが紹介されます。
番組名 特別展「深海2017~最深研究でせまる“生命”と“地球”~」を巡ろう~解説生放送
『JAMSTEC×niconico深海研究部』課外実習編
放送日時 2017年8月25日(金)20:00~22:00(予定)
放送局 ニコニコ生放送
内 容 国立科学博物館にて開催中の特別展「深海2017」の会場より生中継で、監修者の倉持 利明 動物研究部長(国立科学博物館)と江口 暢久 部長(地球深部探査センター)が見どころをご紹介します。
また、同日に行われる記念講演会「JFAST航海記~展示の裏側、話します」(講演者:江口 暢久 部長、澤田 郁郎 部長、許 正憲 部長(地球深部探査センター))も放送されます。
番組視聴ページ
※本番組を視聴するための会員登録は不要です。無料会員は放送後の視聴が可能です。
番組名 池内博之の漂流アドベンチャー 黒潮に乗って奇跡の島へ
放送日時 2017年8月19日(土)18:00~19:30(再放送)
放送局 NHK BSプレミアム
内 容 本番組は俳優の池内 博之さんが世界有数の大海流・黒潮に乗って、その流れの先にある島を目指すアドベンチャー番組です。
黒潮流路の予測実験に基づき、美山 透 主任研究員(アプリケーションラボ)が取材協力しました。
(2016年7月18日(月)に放送された番組の再放送です。)
番組名 遥かなる 深海大冒険4~沖縄で見た巨大ザメ&光るサメ~
放送日時 2017年8月13日(日)21:00~22:54
放送局 BS朝日
内 容 BS朝日では、“深海”を掘り下げ、その未知なる世界に迫る番組をシリーズで放送します。
今回のシリーズ第4弾では、ナビゲーターの水中写真家、中村征夫氏が沖縄の海を紹介します。
また、JAMSTECについては、熱水噴出孔周辺での発電現象についての研究、世界で最も深い海に到達した無人探査機「かいこう」と今後活躍が期待される深海探査機「じんべい」、そしてJAMSTEC設立初期に実施した飽和潜水プロジェクト「シートピア計画」が紹介されます。
山本 正浩 研究員(深海・地殻内生命圏研究分野)、大澤 弘敬 部長、吉梅 剛 グループリーダー(海洋工学センター)、長根 浩義 課長(施設課)、他が取材協力しました。
番組名 サイエンスZERO・選「独占密着!深海に眠る幻の大陸」
放送日時 2017年8月13日(日)15:30~16:00(再放送)
放送局 NHK Eテレ
内 容 2013年に実施した「しんかい6500世界一周航海QUELLE2013の、ブラジル沖調査に密着取材した番組です。
深海底から4000m級の台地がそびえる「リオ・グランデライズ」で見た、異様に平らな岩盤や、誰かが切り出したかのような形の巨石、数々の深海生物を紹介します。
北里 洋 アドバイザー(当時:海洋・極限環境生物圏領域長)が出演します。
2013年6月に放送した番組の再放送です。
番組名 ラジオ深夜便
放送日時 2017年8月10日(木)23:15~11日(金)05:00
(深夜1時台の「列島インタビュー」に出演予定)
放送局 NHKラジオ第1
内 容 国立科学博物館にて開催中の特別展「深海2017」に関連して、監修者の藤倉 克則 分野長(海洋生物多様性分野)が展示の見どころや深海研究についてご紹介します。
番組名 JAMSTEC×niconico深海研究部(第3弾)
深海のリアルを目撃しよう~深海の映像観察プロジェクト
放送日時 2017年8月6日(日)18:30~22:30(予定)
放送局 ニコニコ生放送
内 容 視聴者と一緒に海洋科学技術の研究最前線を楽しんでいくシリーズ番組「JAMSTEC×niconico深海研究部」の第3弾が放送されます。
今回は、海底の長期モニタリングのために、船上からフリーフォール型の観測機器を降下し、海底で一定期間記録した映像を、編集なしで放送し、視聴者のみなさまと一緒に観察します。

番組視聴ページ: http://live.nicovideo.jp/watch/lv303439316
※本番組を視聴するための会員登録は不要です。無料会員は放送後の視聴が可能です。
番組名 JAMSTEC×niconico深海研究部(第2弾)
駿河湾の深海1,000mを調査しよう
-JAMSTEC「ハガキにかこう海洋の夢コンテスト」体験乗船に潜入!-
放送日時 2017年7月30日(日)08:00~17:30(予定)
放送局 ニコニコ生放送
内 容 視聴者と一緒に海洋科学技術の研究最前線を楽しんでいくシリーズ番組「JAMSTEC×niconico深海研究部」の第2弾が放送されます。
今回は、第19回全国児童「ハガキにかこう海洋の夢コンテスト」入賞者による「かいれい」への体験乗船と無人探査機「かいこう」による駿河湾での潜航の様子を生中継いたします。

番組視聴ページ: http://live.nicovideo.jp/watch/lv303438499
※本番組を視聴するための会員登録は不要です。無料会員は放送後の視聴が可能です。悪天候などの際は中止になる可能性があります。
番組名 NHKスぺシャル
~シリーズ ディープオーシャン 潜入!深海大峡谷 光る生物たちの王国~
放送日時 2017年7月27日(木)01:00~01:49(再放送)
放送局 NHK総合
内 容 深海の秘境に、最先端の科学で挑むシリーズの第2集。
みずから光を放つ何千種もの発光生物たちが、光の戦いを繰り広げるという北米・モントレー湾の深海大峡谷を潜航・撮影した様子などが紹介されます。藤倉 克則 分野長、藤原 義弘 分野長代理(海洋生物多様性研究分野)、Dhugal Lindsay 主任技術研究員(海底資源研究開発センター)が取材協力しました。
2016年8月28日に放送された番組の再放送です。
国立科学博物館にて開催中の特別展「深海2017 Deep OCEAN~最深研究でせまる”生命”と”地球”~」の関連番組です。
番組名 海DO宝(うみどぅたから)
放送日時 2017年7月26日(水)09:55~09:58
放送局 琉球放送RBC
内 容 「海DO宝(うみどぅたから)」は、海に親しみをもってもらおうと沖縄県内の海に関するイベントを紹介する週2回放送の3分番組です。今回は、GODACにて開催のイベント「夏休み うみの工作教室」について、GODACが取材協力し、参加者や会場の様子を交えつつ紹介します。
また、放送した番組はYouTubeページ日本財団「海と日本プロジェクト」でも公開されます(2017年8月16日(水)公開予定)。
番組名 NHKスペシャル 列島誕生 ジオ・ジャパン
第1集 奇跡の島はこうして生まれた
第2集 奇跡の島は山国となった
放送日時 第1集 2017年7月23日(日)21:00~21:49
第2集 2017年7月30日(日)21:00~21:49
放送局 NHK総合
内 容 日本列島は、どうやって生まれ、どんなドラマをへて、今の姿となったのか?
本番組では、最新科学が解き明かしつつある数千万年に及ぶ"列島誕生の大地の物語"を、日本各地の絶景や、CGを交えて描きます。 JAMSTECからは、平 朝彦 理事長、木村 純一 分野長代理(地球内部物質循環研究分野)、大河内 直彦 分野長(生物地球化学研究分野)、吉田 晶樹 主任研究員(地球深部ダイナミクス研究分野)他が取材協力しました。
番組名 体感!グレートネイチャー:追跡!失われた大陸 ジーランディア
~ニュージーランド・ニューカレドニア・オーストラリア~
放送日時 2017年7月22日(土)20:00~21:30
放送局 NHK BSプレミアム
内 容 オーストラリア、ニュージーランド、ニューカレドニアにまたがる海域に眠っているという水没大陸は、どのようにして誕生し、なぜ海に沈んでしまったのか?「失われた大陸」の謎に迫ります。
JAMSTECからは、斎藤 実篤 グループリーダー(海洋掘削科学研究開発センター)と小平 秀一 研究開発センター長(地震津波海域観測研究開発センター)が豪州とのロードハウライズの研究調査などについて紹介します。
番組名 知られざる深海の世界へ!~JAMSTEC施設一般公開~
放送日時 2017年7月17日(月)20:00~20:30(初回放送)
放送局 チャンネル700(ケーブルテレビ専用チャンネル)
※チャンネル700加入のケーブルテレビにてご覧になれます。
視聴方法はこちらをご覧ください。
内 容 2017年5月13日(土)に行われました横須賀本部一般公開の様子とJAMSTECの取り組みをご紹介します。
小俣 珠乃 技術主任(広報課)他、施設一般公開の各イベント担当者が取材協力しました。
番組名 ごごラジ!
放送日時 2017年7月17日(月)13:05~15:55
放送局 NHKラジオ第1
内 容 国立科学博物館にて開催中の特別展「深海2017 Deep OCEAN~最深研究でせまる”生命”と”地球”~」会場より生放送で、音声ガイドのナビゲーターを務めるタレントの中川 翔子さんを交え、展示のみどころなどを紹介します。
藤倉 克則 分野長(海洋生物多様性研究分野)が出演します。
番組名 NHKスぺシャル
~シリーズ ディープオーシャン 南極 深海に巨大生物を見た~
放送日時 2017年7月16日(日)21:00~21:49
2017年7月20日(木)01:00~01:49(再放送)
放送局 NHK総合
内 容 深海の秘境に、最先端の科学で挑むシリーズの第2集。
潜水船による調査がされたことがない未踏の世界である南極の深海が紹介されます。
国立科学博物館にて開催中の特別展「深海2017 Deep OCEAN~最深研究でせまる”生命”と”地球”~」の関連番組です。
番組名 寺島実郎の未来先見塾~週刊寺島文庫~
放送日時 2017年7月14日(金)20:59~21:49
放送局 BS11
内 容 ニュースの背景などについて通常の報道番組では紹介しにくい世界の構造変化にまで立ち入り、その本質を探る対談番組です。
今回は、国立科学博物館の林 良博 館長が特別展「深海2017」の見どころについて、JAMSTECからは倉本 真一 センター長(地球深部探査センター)が地球深部探査船「ちきゅう」での調査をはじめ、海洋調査研究について紹介します。
番組名 「ガリレオX」 第152回 深海熱水噴出孔の世界 生命はどのようにして誕生したのか?
放送日時 2017年7月9日(日)11:30~12:00
2017年7月16日(日)11:00~11:30(再放送)
放送局 BSフジ
内 容 「ガリレオX」は、科学や科学技術に関わる新しい動向や注目の研究を、「深く・わかりやすく・面白く」伝える、30分の科学ドキュメンタリーです。
今回は、地球上で生命が誕生した場として最も有力と考えられている熱水噴出孔に焦点を当て、生命の起源をめぐるこれまでの研究、さらに最新の研究成果から見えてきた、深い海の底に広がる“熱水噴出孔”の姿に迫ります。
高井 研 分野長、山本 正浩 研究員、渋谷 岳造 研究員(深海・地殻内生物圏研究分野)が取材協力しました。