トップページ > JAMSTECニュース > 「ちきゅう」乗船取材募集 > 「下北八戸沖石炭層生命圏掘削」乗船取材募集要項

「下北八戸沖石炭層生命圏掘削」乗船取材募集要項

  1. 応募要件
    (1)企画を報道するための体制が整っていること
    (2)報道の実績があること
    (3)平成25年3月末までに報道が確実にできること
    (4)撮影した映像の取り扱いについて当機構と別途覚書を結ぶこと
    (5)船内では、当機構の指示に従うこと
  2. 乗船可能人数
    若干名
  3. 審査方法
    機構内部選定委員会による企画審査を行います。
    応募多数の場合は、提出書類による書面審査を行います。
  4. 審査基準
    企画書として以下の要素が含まれることを審査基準とします。
    (1)企画書内容が、科学的根拠を有し、地球科学等への理解増進が期待できること
    (2)地球深部探査船「ちきゅう」の活動について、国民にアピールできること
    (3)今回の研究航海の目的である、海底下炭素循環システムと地下生命活動の解明について
    国民が興味関心を抱き、理解を促すものであること
  5. 採択社名の公開について
    採択された社は、会社名をホームページで公開する予定ですので、予めご了承ください。
  6. 乗下船について
    乗下船は乗組員交代用ヘリコプターの利用を予定しています。ヘリコプターの着陸地は八戸港、所要時間は片道約30分を予定しています。
  7. 諸費用について
    (1)乗下船の際のヘリコプターを利用した移動費以外の諸費用は、採択社の負担とします。
    (2)乗船中の食費、シーツ代等の実費(1日あたり1,848円を想定)は下船時に現金でお支払い いただきます。
  8. 事前の提出書類
    企画が採択された社は、9月10日(月)必着で、以下の書類を当機構宛てにご提出いただきます。
    【「ちきゅう」乗船必要書類リスト】
    (1)「ちきゅう」乗船申請書及び誓約書
    (2)積み込み品リスト
    (3)傷害保険等の保険加入を証明する書類
    (4)Personal Medical ReportおよびPersonal Prescribed Medicine
    (5)乗船前連絡先登録申請書
    (6)医師による健康診断証明書
    ※(1)〜(6):所定の様式に基づいて提出 (6):様式自由。

    【提出先】
    〒237-0061
    神奈川県横須賀市夏島町2番地15
    海洋研究開発機構横須賀本部
    経営企画部 報道室 宛

    【提出期限】
     平成24年9月10日(月) 必着
  9. 取材にあたっての留意事項
    (1)取材社は、事前にヘリコプター脱出訓練(HUET)を受けていただきます。受講日等詳細は、取材社に別途連絡します。ただし、他の研修実施機関で受講されている場合には、証明書のコピーの提出で免除となります。
    (2)乗船する際には社章を持参し、取材中は着用してください。
    (3)ヘリ持ち込み荷物は、撮影用の機材を含め1名につき10キロ以内です。
    (4)ヘリ搭乗の際、一眼レフカメラ、業務用TVカメラは、手荷物で持ち込むことはできません。
    (5)汎用カメラ・家庭用ハンディカメラ等は、機内への持ち込み・撮影を希望する場合は、事前に申請してください。事前申請ない場合は機内への持ち込み等は不可です。
    (6)ヘリポート到着から帰還までの間を取材期間として、その間の取材については、係員の指示に従ってください。
    (7)船内では、個別の取材には対応できません。船内での取材・行動は、係員及び船内の係りの者の指示に従ってください。
    (8)天候等の理由により乗船取材が中止となる場合がございます。
    (9)集合場所までの交通費・宿泊費、船内での食事代等の経費はご負担をお願いします。
    (10)乗船に際しては、乗船誓約書の記載内容に従うものとします。
    (11)船上からの配信には、通信容量等の制限等のため、対応できません。

▲ページトップへ