トップページ > 広報活動 > 船舶一般公開 > 「みらい」「かいれい」就航10周年記念船舶一般公開・記念シンポジウム開催のお知らせ

「みらい」「かいれい」就航10周年記念船舶一般公開・記念シンポジウム

海洋地球研究船「みらい」と深海調査研究船「かいれい」が世界の海で観測・調査・研究を続けて10年。
海から地球を探る研究船「みらい」と「かいれい」の就航10周年を記念して、船舶一般公開と記念シンポジウムを開催します。

プレスリリース:2008/03/06
「みらい」・「かいれい」就航10周年記念イベントの開催について

記念シンポジウム 2008/3/29(土)10:00〜15:00 @日石横浜ホール

1997年に就航した海洋地球研究船「みらい」と深海調査研究船「かいれい」は共に就航後10周年を迎えました。この間、北極海を含む世界の海域で収得した貴重な観測データを世界の研究者に提供し続けている「みらい」と、世界最深部のマリアナ海溝調査や海溝型巨大地震の巣を探る地殻構造探査を実施している「かいれい」の成果を、広く一般に周知することを目的にシンポジウムを開催します。

開催日時 2008年3月29日(土)10:00〜15:00
開催場所 日石横浜ホール(神奈川県横浜市中区桜木町一丁目1番地8 日石横浜ビル1F)
[交通アクセス]
テーマ 北極海からマリアナ海溝まで ―挑戦し続けた10年―
講演内容
(プログラム)

<第一部>

10:00〜10:05
開会の辞
今村 努(JAMSTEC理事)
10:05〜10:10
来賓祝辞
近藤 秀樹(文部科学省 研究開発局 海洋地球課長)
10:10〜10:35
「『みらい』の10大成果」
瀧澤 隆俊(JAMSTEC 海洋地球情報部 部長)
10:35〜11:05
「Global Hydrography」
深澤 理郎(JAMSTEC 地球環境観測研究センター センター長)
11:05〜11:30
「『かいれい』の10大科学成果」
藤岡 換太郎(JAMSTEC 海洋地球情報部 特任上席研究員)
11:30〜12:00
「『かいれい』の大陸棚画定調査ならびに海溝型巨大地震震源域調査への貢献」
金田 義行(JAMSTEC 海底地震・津波ネットワーク開発部 部長)

<第二部>

13:00〜13:20
「『みらい』・『かいれい』建造の経緯」
土屋 利雄(JAMSTEC 情報基盤審議役)
13:20〜13:35
「『みらい』10年の軌跡」
赤嶺 正治(「みらい」船長、株式会社グローバルオーシャンディベロップメント)
13:35〜13:50
「『かいれい』10年の軌跡」
湯川 修(日本海洋事業株式会社 取締役安全技術室長)
13:50〜14:15
「これからの海洋調査船」
平 啓介(琉球大学 副学長)
14:15〜14:55
基調講演「海洋調査 −過去・現在・未来−」
加藤 茂(海上保安庁 海洋情報部 部長)
14:55〜15:00
閉会の辞
末廣 潔(JAMSTEC理事)


>>プログラムはこちら(PDF)

入場料 無料 ※事前登録制。ただし空席がある場合、当日入場も可。
登録方法 1)メール本文に住所、電話番号、氏名を記入の上、
  件名「みらい・かいれい10周年記念シンポジウム」として
  pr@jamstec.go.jp 宛にお送り下さい。
登録締切

平成20年3月27日(木)(必着)
※先着順です。定員に達した場合、締切前に締め切る場合がございます。

主催 JAMSTEC
後援 文部科学省、海上保安庁、神奈川県、横浜市
お問い合わせ JAMSTEC 海洋地球情報部 広報課
TEL:045-778-5474

船舶一般公開 2008/3/30(日)10:00〜16:30 @横浜港新港埠頭

開催日時 2008年3月30日(日)10:00〜16:30(16:00 乗船受付終了)
開催場所 横浜港新港埠頭 5号岸壁、8号岸壁
入場料 無料 ※事前登録不要
主催 JAMSTEC
後援 文部科学省、海上保安庁、神奈川県、横浜市
その他
1)
悪天候等により中止となることがあります。
2)
船内は段差が多く危険なため、ハイヒール・サンダル等での、または酒気を帯びての見学はご遠慮下さい。
3)
小学生以下は、保護者が必ず同伴下さい。
お問い合わせ JAMSTEC 海洋地球情報部 広報課
TEL:045-778-5474