トップページ > 広報活動 > 船舶一般公開 > 「ちきゅう」船舶一般公開@新宮港のお知らせ

「ちきゅう」船舶一般公開@新宮港のお知らせ


ポスター
(PDF:644KB)

地球深部探査船「ちきゅう」は、紀伊半島沖熊野灘において、統合国際深海掘削計画(IODP)による「南海トラフ地震発生帯掘削計画」ステージ2を実施しており、2009年10月10日頃に今年度の研究航海を終了し、和歌山県新宮市新宮港に寄港する予定です。
これに際し、新宮港にて、地球深部探査船「ちきゅう」の船舶一般公開を行います。
参加は無料、事前の申し込みも不要です。ぜひご来場ください。
なお、この一般公開は、新宮港供用開始30周年記念のイベントの一部として行われます。

開催日時 2009年10月17日(土)、18(日)
両日とも9:30〜16:00(乗船最終受付:15:00)
開催場所 和歌山県新宮市佐野 新宮港佐野第3号岸壁
入場料 無料 ※事前登録不要
主催 新宮市、和歌山県、JAMSTEC
後援 新宮港振興会
プレスリリース [2009年9月25日]
新宮港における地球深部探査船「ちきゅう」一般公開の開催について
その他
1)
天候、その他の理由により急遽一般公開が中止されることもございます。一般公開の可否については、当日7:00までに決定し、中止の場合にのみ新宮市ホームページでお知らせします。その他、海象状況によりやむなく中止されることもございますのでご理解のほどよろしくお願いいたします。
2)
小学生以下のお子様は必ず保護者が同伴してください。
3)
当日は多くの見学者が予想されます。このため船内安全確保の観点から入船制限を行い、岸壁にてお待ちいただく場合がありますので予めご了承ください。
4)
「ちきゅう」船内は階段、段差が多いため、車いすなど移動に介助が必要な方は、安全上の理由から船内の見学をご遠慮いただく場合がありますので、事前にご相談願います。
5)
「ちきゅう」船内には網状の床などもありますので、スカートでの見学はお勧めいたしません。なお、船内は足元が悪いことから、サンダル等滑りやすい履物、並びにハイヒール等かかとの高い靴はご遠慮ください。
6)
見学時間は約1時間です。船内のトイレは使用できませんので、事前にお済ませください。
7)
船内への手荷物の持ち込みはできる限りご遠慮ください。安全保障上の理由により、ペットボトルや引火しやすい製品、鋭利な品物等を船内に持ち込むことは固くお断りいたします。場合により、乗船前に手荷物の中身を確認させていただくことがあります。
8)
新型インフルエンザ対策のため、乗船前に検温、チェックシート記入、手指消毒を実施させていただきます。
検温により体温38.0度以上認められる場合、またはチェックシート※に基づき風邪症状が2つ以上ある方は入場をご遠慮いただきますので予めご了承ください。
※吐き気がする、鼻水が出る、咳、痰がある、咽頭痛(のど痛)がある、倦怠感がある、食欲が低下している、腹痛や下痢をしている、頭痛がある
9)
上記のほか、岸壁及び船内では係員の指示に従ってご見学願います。見学順路以外の立ち入りは危険ですので固くお断りいたします。指示に従われない場合は、見学を中止して下船していただきます。
お問い合わせ 新宮市まちづくり政策部商工観光課
TEL:0735-23-3333
和歌山県企画部企画総務課
TEL:073-441-2334