JAMSTEC > 基幹研究領域 > 数理科学・先端技術研究分野(MAT)

数理科学・先端技術研究分野 Mathematical science and Advanced Technology (MAT)

ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。(鴨長明 方丈記より)されど、数理科学と成り得たものは常磐なり。常磐なる理論に一寸の知恵を加ふれば、これ先端技術なり。

科学者は、あるときは、モノや生きモノの観察・観測を経て、その成り立ちや変化の仕組みを見抜き出す探偵であり、見抜き出した考え方を証明したり見抜き出された事実に基づいて新たなモノを作ったり将来を予測するためのレシピを書き遺すシェフでもあります。しかし、既存のレシピに拘らず、とびきり美味しい料理を作り出す秘技や神技をもつシェフもいます。このようなタイプのシェフを芸術家と呼びます。

イメージ的には、科学者シェフより芸術家シェフの料理の方が美味しそうな感じがします。実際、美味しいでしょう。しかし、芸術家シェフの料理を味わえる人は限られているのです。さらに、そのシェフが亡くなれば、その美味しい料理は二度と誰も食べられなくなるのです。

ところが、科学者シェフのレシピには、常に探偵の綿密な調査と裏付けと高い再現性が求められいるので、誰が料理しても同じ味になるのです(でなければ、科学レシピ=論文ではない)。数ある科学レシピの中でも、数理科学のレシピは寸分の付け入る隙もなく再現性抜群なのです。例えば、紀元前の科学者ピタゴラスらは、地球の大きさを推定したり天体の運動の仕組みを見抜き出すために、客観的で普遍的な数理的言語で幾何学や運動学のレシピを書き遺しました。それから二千年以上の時を経た今、人類は人工衛星を宇宙に飛ばしGPSによる計測を行うようになりましたが、計測値から数千キロで数センチから数ミリ以下の誤差で地球の大きさを正確に求めるプロセスで紀元前のレシピが堂々と使われているのです。また、このように数理科学と先端技術は実は表裏一体なのです。

一方、JAMSTECの長期ビジョンには、「海洋・地球・生命」といった一見すると数理科学からは途方も無くかけ離れたところに問題設定が置かれているように思えます。恐らく、当面の間、数々の船舶や海中探査機によって、ひたすら観察・観測する時代(肉屋、魚屋八百屋でのお買い物時代)が続くでしょう。確かに、それはJAMSTECの重要なミッションです。しかし、どんなに精緻な観察・観測データが得られても(料理の素材が揃っても )、再現性高く将来の予測をするための科学レシピを書き上げなければ、JAMSTECとしての責務は全うされません。

と、長々と前口上を述べましたが、ようするに、数理科学・先端技術研究分野 Mathematical science and Advanced Technology(MAT)とは、海洋・地球・生命に関する他の研究センターや研究分野とタイアップしながら、生物から宇宙にまで及ぶ様々な現象についての数理科学研究と、数理科学に裏打ちされた先端技術研究を行う非常にユニークな探偵とシェフ集団なのです。皆様、よろしく!

数理科学・先端技術研究分野(MAT)
分野長 阪口 秀

2017/10/17
主任研究員もしくは主任技術研究員公募について
2017/06/15
受賞のお知らせ(阪口 秀 分野長が地盤工学会賞論文賞を受賞)
2017/06/12
受賞のお知らせ(都築 怜理 外来研究員、西浦 泰介 技術研究員、阪口 秀 分野長が第22回計算工学講演会グラフィクスアワード優秀賞、及び特別賞 (MSC Apex 賞)を受賞)
2017/04/25
特任技術研究員もしくはポストドクトラル研究員もしくは特任技術職公募について
2017/03/03
研究員もしくは技術研究員公募について
2017/01/27
有孔虫の炭酸カルシウム殻形成は水素イオン排出がカギ
~海洋酸性化に対する予想外の耐性~
2017/01/26,27
東北大学大学院理学研究科付属ニュートリノ研究センターおよびハワイ大学の研究者が、JAMSTECを来訪されました
2017/01/11
日刊工業新聞「拓く研究人」で都築 怜理 外来研究員が紹介されました
2016/12/12
主任研究員公募について
2016/10/31
研究支援パートタイマー公募について
2016/10/22
「数理科学・先端技術研究分野実験室」を開催
2016/06/07
受賞のお知らせ(西浦 泰介 技術研究員、古市 幹人 主任研究員、阪口 秀 分野長が第21回計算工学講演会グラフィックスアワード最優秀賞を受賞)
開催日 2017/10/17
MATセミナー開催のお知らせ 「Terrestrial magma ocean origin of the Moon: A numerical study of a giant impact incorporating the difference of the equations of state for liquids and solids」
開催日 2017/10/10
MATセミナー開催のお知らせ 「Oceans' Origins: Delivering Water From Protostellar Disks to Planets」
開催日 2017/10/03
MATセミナー開催のお知らせ 「A coupled QDEM-FEM simulation of ballasted railway track dynamics」
開催日 2017/09/26
MATセミナー開催のお知らせ 「Thermal convection in super-Earths; effects of planetary size on the vigor of convection and thickness of the plate」
開催日 2017/09/19
MATセミナー開催のお知らせ 「Strategic Planning for Establishing CULT, Center for Underwater Laser Technology」
開催日 2017/09/12
MATセミナー開催のお知らせ 「Size-dependent molecular ordering transition in lipid droplets」
開催日 2017/08/22
MATセミナー開催のお知らせ 「Viscoelastic finite element modelling of crustal deformation: optimization of viscoelastic structure and earthquake cycle simulation」
開催日 2017/08/08
MATセミナー開催のお知らせ 「Spontaneous generation of arch structure in the numerical sand box experiment」
開催日 2017/07/25
MATセミナー開催のお知らせ 「Impact to the habitability from early to present Earth inferred from climate energy balance coupled with deep mantle volatile cycle」
開催日 2017/07/18
MATセミナー開催のお知らせ 「Numerical simulations as a tool to understand the tectonics of the Japanese active margins」
開催日 2017/07/11
MATセミナー開催のお知らせ 「Subduction-magathrust earthquakes in the Japanese metropolitan area: a review and project for seismic-fault drilling on Boso Peninsula」
開催日 2017/07/04
MATセミナー開催のお知らせ 「circumbinary disk -- structure and accretion rate」
開催日 2017/06/27
MATセミナー開催のお知らせ 「Large-scale Viscoelastic Multi-body Simulations Using Quadruple Discrete Element Method on Supercomputers ー V&V, Implications for Future Research ー」
開催日 2017/06/20
MATセミナー開催のお知らせ 「Understanding solar magnetic carpet using image recognition technique」
開催日 2017/06/13
MATセミナー開催のお知らせ 「Mechanical understanding of decollement formation during accretion of sediments from subducting plate through a particle-based simulation model」
開催日 2017/06/06
MATセミナー開催のお知らせ 「Direct observation of frictional contacts during high-velocity slip」
開催日 2017/05/30
MATセミナー開催のお知らせ 「Analysis of plate drag in granular materials using DEM simulation」
開催日 2017/05/16
MATセミナー開催のお知らせ 「Toward a physics-based modeling of solar energetic particles」
開催日 2017/05/09
MATセミナー開催のお知らせ 「Local nonlinear outcomes of self-gravity in protoplanetary disks」
開催日 2017/04/25
MATセミナー開催のお知らせ 「Fluid migration in subducting slab」
開催日 2017/04/18
MATセミナー開催のお知らせ 「Development of database system and input software of operation information of research cruises」
開催日 2017/04/11
MATセミナー開催のお知らせ 「Mantle convection in super-Earths」
開催日 2017/04/04
MATセミナー開催のお知らせ 「Large-scale Viscoelastic Multi-body Simulations Using Quadruple Discrete Element Method on Supercomputers」
開催日 2017/03/28
MATセミナー開催のお知らせ 「Phase reduction approach to synchronization of beating flagella」
開催日 2017/03/07
MATセミナー開催のお知らせ 「SPH simulation of wave channel」
開催日 2017/02/21
MATセミナー開催のお知らせ 「Gravity Current in Centrifuge Modelling Test」
開催日 2017/02/14
MATセミナー開催のお知らせ 「Recent progress of HPC architecture and application」
開催日 2015/01/27
第7回 横串セミナー 開催のお知らせ
開催日 2014/11/13
第6回 横串セミナー 開催のお知らせ
開催日 2014/10/16
第5回 横串セミナー 開催のお知らせ
開催日 2014/09/18
第4回 横串セミナー 開催のお知らせ
開催日 2014/06/12
第3回 横串セミナー 開催のお知らせ
開催日 2014/05/27
第2回 横串セミナー 開催のお知らせ
開催日 2014/04/17
第1回 横串セミナー 開催のお知らせ