JAMSTEC > 地球環境変動領域 > 地球温暖化予測研究プログラム

地球環境変動領域

地球温暖化予測研究プログラム

このプログラムでは、これまでの大気・海洋・陸面の相互作用を扱う気候モデルに加え、陸域の植生や海洋のプランクトンなどの生態系の効果や、大気中の化学反応・輸送の効果を取り入れた地球システム統合モデルを開発し、観測データをもとに検証、高度化して、地球温暖化の予測研究に取り組んでいます。また、外力は変化しなくともさまざまな時間・空間スケールで自然に変動している地球の気候システムの中で、地球温暖化はどのように進むのかを明らかにするために、氷河時代などの古気候のシミュレーションや、観測・数値実験のデータの解析等を通して、気候システムのさまざまな変動メカニズムを解明する研究も行っています。

地球温暖化予測研究プログラムの説明イメージ
地球システム統合モデリング研究チーム
長期の温暖化抑制策に資する情報提供を行うため、気候と生物・化学過程の相互作用を扱う地球環境統合モデルを高度化して、温暖化予測実験を行います。
気候モデリング研究チーム
モデル研究の中核である大気海洋結合モデル(気候モデル)の性能検証、個別気候プロセスモデルの高度化、気候感度実験等により、気候モデルの高度化を行います。
地球温暖化解析研究チーム
地球温暖化予測の基盤的情報を提供するため、観測やシミュレーションデータを用いて、温暖化の検証、モデルの検証・評価、温暖化メカニズムの解明を行います。
全球水文気候過程研究チーム
より精度の高い水循環・水文気候変化予測を行うために、衛星や広域データ解析、気候モデルを活用した水文気候の変動、メカニズムの解明を行います。
古気候研究チーム
過去の海洋、炭素循環、氷床、水文を含む古気候変動メカニズムを解明し将来 予測の検証に資するため、氷床モデルの開発および気候モデルによる古気候再現実験を行います。