司令(運航チーム総括)
櫻井 利明

櫻井 利明
チームでの主な担当
司令:運航チーム総括
潜水調査船「しんかい6500」、無人探査機「かいこう」、無人探査機「ハイパードルフィン」、AUV「うらしま」4機種の運航チーム総勢35名の総括。
「しんかい6500」オペレーションの指揮、研究者の研究目的を十分把握し調査行動計画を立てる。
故障やトラブル発生時に部下・研究者に不安を与えぬため、迅速な判断ができるよう様々なトラブルを想定し対応策を思案している。
趣味
ゴルフ・日曜大工・模型作り
これまでの潜航回数(「しんかい2000」を含む)
「しんかい2000」:317回、「しんかい6500」:114回、両船合計:431回
初潜航とそのときの感想
初潜航:2K 1982.4.9 相模湾訓練潜航、6K 1996.4.16 南西諸島海溝試験潜航
初Co.Pilot:2K 1984.2.8 駿河湾調査潜航、6K 2000.8.1 南西諸島調査潜航
初Pilot:2K 1988.9.10 南西諸島伊是名海穴、6K 2001.7.5 日本海 南後志海丘
印象に残る潜航
2K:No.115Dive 1984.6.5 相模湾 日本人初の生きたシロウリガイの観察
2K:No.411Dive 1989.6.12 南西諸島伊是名海穴 日本周辺海域で初のブラックスモーカー発見
2K:No.698~703 1993.8 奥尻島西沖 6回の潜航の内3回の潜航(※北海道南西沖地震発生1カ月後。破壊された海底を直に見て自然の脅威を実感)
6K:No202Dive 2002.2 インド洋中央海嶺 かいれいフィールド 水深2500mで噴出するブラックスモーカーの黒さにびっくり(日本近海の熱水域とはスケールが違った)
6K:No839Dive 2004.9.30 ラウ海盆 第六感で発見した巨大チムニーとブラックスモーカー
自分にとって「しんかい6500」とは?
運航チームが育て上げた娘のようで……運航チームを育ててくれた母親のようで……。
一緒に潜っている時は、彼氏(運航チーム)次第で素直だったり我がままだったり彼女の様な存在かな?
パイロットをやっていて良かったと思う瞬間
深海調査の現場に携わることで多種の分野で最新の研究の知識が得られること。またその研究調査に自身も関わっている実感が持てること。
次世代機に希望すること
個人的にはFull Depth潜水船を希望する。海洋・深海について分かっているようでまだまだ知らないことがいっぱいあるはず。東日本大震災の緊急調査では8000m級があれば・・・と感じた。日本は、日本海溝や伊豆・小笠原海溝など世界的にも深い海域を有している。自国の排他的経済水域くらいは全て潜航調査を可能にしたい。