JAMSTEC|海洋研究開発機構|ジャムステック

トップページ > プレスリリース > 詳細

プレスリリース

2021年 7月 30日
国立研究開発法人国立環境研究所
国立大学法人北海道大学
国立研究開発法人海洋研究開発機構

北海道大雪山の永久凍土を維持する環境が将来大幅に減少する

地中の温度が年間を通して0℃を下回る領域は「永久凍土」と呼ばれ、北半球陸域の25%もの広い領域に存在します。日本では北海道大雪山・富士山・立山などに存在することが報告されています。

私たちは現在から将来にわたる気象データを用いることにより、大雪山地域において「永久凍土を維持する気温環境」にある領域の現状評価と将来予測を行いました。その結果、現在は大雪山において「永久凍土を維持する気温環境」にある地域が 150km2 程度存在すると推定されますが、将来はそのほとんどが消失すると予測されました(成り行きシナリオでは2070年頃に完全に消失、2℃安定化シナリオでも2100年時点で2000年代の1/10程度に減少)。

山岳域における永久凍土の融解は、斜面の不安化や生態系の変化を引き起こす可能性があります。現在の山岳環境の変化を正確に監視するとともに、将来大きく変化する環境に適応するための方策を提供することが重要であることを、私たちの結果は示しています。

本研究の成果は2021年7月30日にScientific Reportsよりオンライン出版されます。

詳細は国立環境研究所のサイトをご覧下さい。

国立研究開発法人海洋研究開発機構
海洋科学技術戦略部 広報課
お問い合わせフォーム