JAMSTEC|海洋研究開発機構|ジャムステック

トップページ > プレスリリース > 詳細

プレスリリース

2021年 9月 15日
国立大学法人新潟大学
同志社大学
気象庁気象研究所
国立研究開発法人海洋研究開発機構

極端気象をもたらす寒冷渦を捉える新指標を開発
-大気の状態を不安定にする陰の立役者の尻尾を捉えた!-

新潟大学自然科学系の本田明治教授、浮田甚郎教授、大学院自然科学研究科の春日悟(大学院生)、同志社大学の山根省三准教授、気象庁気象研究所の川瀬宏明主任研究官及び海洋研究開発機構の山崎哲研究員の研究グループは、豪雨・豪雪や竜巻・突風等の極端気象を発現させる「寒冷渦」を中心位置、強度、影響範囲の3つの要素から捉える新指標(寒冷渦指標)の開発と、寒冷渦指標をある時刻の上空の天気図から出力可能な自動数値計算スキームの構築に成功しました。今後予測計算結果に適用することで数日~1週間後の極端気象発現予測の精度向上を目指していきます。

詳細は新潟大学のサイトをご覧下さい。

国立研究開発法人海洋研究開発機構
海洋科学技術戦略部 報道室
お問い合わせフォーム