JAMSTEC|海洋研究開発機構|ジャムステック

トップページ > JAMSTECについて > 研究船・施設・設備 > 横須賀本部 施設・設備 > 多目的プール施設

横須賀本部 施設・設備

多目的プール施設

概要

この多目的プールは、潜水機器・水中機器の開発、性能試験、潜水技術者の訓練などを行うためのものです。
多目的プールは、ほぼ正方形(八角形)で、深さは3.3mと1.5mに分かれていて、総水量は約1,000トンになります。また、深さ3.3m部分の周囲には、水面下を観察する観察窓が設けられています。
プールサイドには、空気充填装置や、高所からの入水用の飛び込み台もありいろいろな訓練に使用できるようになっています。

<仕様>

項目 内容
大きさ 21mL×21mW×1.5~3.3mD
構造 鉄筋コンクリート(水密)
観察窓 0.4m×0.6m(3カ所)
0.6m×0.8m(2カ所)
0.8m×1.0m(1カ所)
加温 水温30°Cまで加温可能(ただし、冷却はできません)

利用分野

1)
潜水機器・水中機器の開発、性能試験
2)
潜水訓練

オープンタンク

概要

このオープンタンクは、水が汚れるような機器の開発、性能試験などを行うためのものです。円筒形で周囲には水面下を観察する観察窓が設けられています。

<仕様>

項目 内容
大きさ 内径3m×水深3m(円筒形)
構造 鋼製
観察窓 直径0.3m(2カ所)

利用分野

1)
潜水訓練
2)
水中溶接、切断作業の訓練
3)
濁った環境での水中機器試験