JAMSTEC|海洋研究開発機構|ジャムステック

トップページ > プレスリリース > 詳細

プレスリリース

2020年 8月 6日
国立研究開発法人国立環境研究所
国立研究開発法人海洋研究開発機構
気象庁気象研究所
フューチャー・アース日本ハブ

世界のメタン放出量は過去20年間に10%近く増加
主要発生源は、農業及び廃棄物管理、化石燃料の生産と消費に関する部門の人間活動

2020年7月15日、グローバル・カーボン・プロジェクト(GCP)は、メタンの全ての発生源と吸収源をより詳細に網羅した最新版の世界のメタン収支「世界メタン収支2000-2017」を公表しました。今回のアップデートでは、メタンガス収支における各項目の精度を向上させるよう、世界の多くの研究者による最新のボトムアップとトップダウンの手法が採用され、最近20年間(2000–2017)のメタン収支の時間的・地域的な変動が明らかにされました。この研究から、最も放出量の変化が大きかった地理的な場所や経済部門に関する知見ももたらされ、メタン排出を削減する上で重要な指針を与えるものと期待されます。

この研究成果をまとめた論文は、2020年7月15日に国際学術誌Earth System Science Data (ESSD) 電子版他に掲載されました。

詳細は国立環境研究所のサイトをご覧ください。

国立研究開発法人海洋研究開発機構
海洋科学技術戦略部 広報課
お問い合わせフォーム